企業情報、信用調査など与信管理をサポートする東京商工リサーチ

(株)クラヴィス、信用調査、与信管理、倒産情報は東京商工リサーチ。

メルマガ会員・セミナー会員募集
 

公開日:2012.07.05

負債総額が原則30億円以上の倒産企業および信用変動企業を掲載。

(株)クラヴィス [大阪] 消費者金融業

破産開始決定 / 負債総額 3268億8798万円

~今年2番目の大型倒産・関西では過去最大規模の消費者金融の倒産~

 (株)クラヴィス(TSR企業コード:570388589、大阪市都島区東野田町2-8-8、設立昭和50年7月、資本金54億3438万円、蔵内英人社長)は7月5日、大阪地裁へ破産を申請し同日、同手続開始決定を受けた。破産管財人は小松陽一郎弁護士(小松法律特許事務所、大阪市北区中之島2-2-2大阪中之島ビル8F、電話06-6221-3358)。

 負債は、債権者約46万人に対して総額3268億8798万円(内過払金返還請求権が3219億6749万円、一般破産債権が49億2049万円)。

 

 当社の前身は、消費者向けの小口融資を全国的に展開していた旧:「リッチ」。その後、同業との合併などを経て(株)ぷらっとに商号変更。個人向け無担保ローンの新ブランドを導入するなどして平成16年3月期には年商378億400万円を計上していた。

 しかし、出資法の改正に伴い上限金利引き下げの実施によって事業環境が厳しくなり各既存店舗の統廃合を進めた。更に同業大手が全国に設置する自動契約機とATM機を有効活用しコスト削減にも努めていた。

 ただ、その後も、グレーゾーン金利廃止の影響が大きく、過払い金返還引当を計上したことで19年3月期には274億7100万円の最終赤字を計上。これ以降も継続的な引当損が発生するなかで19年9月末には全店舗を閉鎖し、貸付債権は他社に譲渡して債権管理業務に特化していた。

 今年に入り、エルピーダメモリに次いで2番目の大型倒産となった。

 

 

記事の取扱いについて


TSR商品販売サイト

  • TSR ONLINE SHOP:出版物・マーケティングレポート等のオンラインショッピングサイト

TSR関連おすすめサービス

  • エラベル:TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト
  • TSR express:TSR情報誌をご購読のお客様に無料でお届けする倒産情報配信・検索サービス
  • 東日本大震災関連記事

TSRのソーシャルネットサービス(SNS)

  • 東京商工リサーチtwitter公式アカウント
  • 東京商工リサーチ公式facebookページ