企業情報、信用調査など与信管理をサポートする東京商工リサーチ

アジア特殊製鋼(株)、信用調査、与信管理、倒産情報は東京商工リサーチ。

メルマガ会員・セミナー会員募集
 

公開日:2012.04.03

負債総額が原則30億円以上の倒産企業および信用変動企業を掲載。

アジア特殊製鋼(株) [福岡] 鍛造用鋼塊(インゴット)製造

事業停止 / 負債総額 約205億円

~日本初の鍛造用鋼塊(インゴット)専門メーカー~

 アジア特殊製鋼(株)(TSR企業コード:297169459、北九州市若松区向洋町43-1、設立平成19年7月、資本金45億円、代表取締役:奥原征一郎氏、従業員93名)は4月3日開催の取締役会で事業停止を決議し、事後処理を髙木裕康弁護士(東京丸の内法律事務所、東京都千代田区丸の内3-3-1新東京ビル225区、電話03-3213-1081)ほか3名に一任した。特別清算手続を申請する方向で検討しているという。

 負債総額は債権者101名に対し約205億円が見込まれる。

 

 平成19年7月、寿工業(株)(TSR企業コード:740037862、広島県呉市)、POSCO_ Steel_ Service&Sales_Co.,Ltd.(韓国)などの出資により、日本で初めての鍛造用鋼塊(インゴット)専門メーカーとして設立。専用岸壁を備えた約15万平米の敷地に約150億円を投じ、21年10月に年間約15万トンの供給能力を備えた最新鋭の工場を完成。敷地内には親会社の寿工業が大型鋳鋼工場を設置するなど、グループで連携した生産体制を整え、主に韓国のマーケットを対象に大型船舶や産業機械、風力発電設備などの高強度部品の素材となるインゴット製造を開始した。

 しかし、リーマン・ショックによる営業環境の急激な冷え込みが響き、当初の計画から操業を延期。22年9月にようやく本格稼動となったが、22年12月期の売上高は10億8600万円にとどまり、減価償却などの経費負担が損益を圧迫して最終損益は26億700万円の赤字を計上。期中に実施した15億円の増資で債務超過を回避したものの、シンジケートローンで調達した借入返済を棚上げするなど、当初から苦戦を強いられていた。

 23年12月期は通年稼動となり、4月から月産約4000トンを確保していたが、夏場以降は円高ウォン安が直撃して受注が激減し、売上高は34億5500万円にとどまった。また、経常損失は35億6800万円となり減損損失31億1800万円の特損により最終損失は67億2500万円、期末時点で61億1600万円の債務超過に転落し、今年3月末で事実上生産活動を休止していた。

 

記事の取扱いについて


TSR商品販売サイト

  • TSR ONLINE SHOP:出版物・マーケティングレポート等のオンラインショッピングサイト

TSR関連おすすめサービス

  • エラベル:TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト
  • TSR express:TSR情報誌をご購読のお客様に無料でお届けする倒産情報配信・検索サービス
  • 東日本大震災関連記事

TSRのソーシャルネットサービス(SNS)

  • 東京商工リサーチtwitter公式アカウント
  • 東京商工リサーチ公式facebookページ