企業情報、信用調査など与信管理をサポートする東京商工リサーチ

フジテック・インターナショナル(株)、信用調査、与信管理、倒産情報は東京商工リサーチ。

メルマガ会員・セミナー会員募集
 

公開日:2012.04.02

負債総額が原則30億円以上の倒産企業および信用変動企業を掲載。

フジテック・インターナショナル(株) [兵庫] ガス配管設備工事ほか

再度の資金ショート / 負債総額 約63億円

~事業は継続の意向~

 フジテック・インターナショナル(株)(TSR企業コード:670261238、たつの市揖西町南山3-8、設立平成13年4月、資本金3000万円、藤本隆洋社長)は3月30日、再度の資金ショートを出した。事業は継続の意向で、善後策を廣田稔弁護士(廣田稔弁護士事務所、大阪市北区西天満5-16-3西天満ファイブビル10F、電話06-6365-6588)と協議中。

 負債は平成23年3月決算期末で約63億円を抱えている。

 

 平成7年1月に創業した特殊ガス配管設備工事及び、関連機器製造業者。特殊配管工事と真空技術を背景に積極的な営業で、国内外の電機メーカー、エンジニアリング会社に受注地盤を形成。クリーンルームや液晶パネル、太陽電池関連の製造設備なども手掛け、平成18年3月期以降は急成長を辿っていた。

 しかし、事業拡大に伴う本社工場の建設や機器開発への先行投資から借入金が増大。また、工事、機器製造の多くは完成後の一括入金となり、仕掛期間の資金立替が大きく受注拡大とともに資金運営は多忙化していた。平成23年4月からは、新規事業への新たな資金投下等、資金運営の多様化手段として中小企業金融円滑化法の適用を受け、借入金の元金返済の猶予も受けていた。

そうした中、1月、2月末決済にあてこんでいた、輸出用大型プラント代金の資金化に狂いが生じ、1月31日の決済で1回目の資金ショートが発生。その後は、関係先への支援要請や手形ジャンプでしのいでいたが、輸出用大型プラント代金の資金化が難航し、資金繰りに行き詰まった。

 

近年の業績(単位:千円)

             売 上 高        当期利益(千円)

平成21年3月期  4,867,887       ▲15,081

平成22年3月期  4,551,179         15,391

平成23年3月期  4,629,454         1,018

 

 

記事の取扱いについて


TSR商品販売サイト

  • TSR ONLINE SHOP:出版物・マーケティングレポート等のオンラインショッピングサイト

TSR関連おすすめサービス

  • エラベル:TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト
  • TSR express:TSR情報誌をご購読のお客様に無料でお届けする倒産情報配信・検索サービス
  • 東日本大震災関連記事

TSRのソーシャルネットサービス(SNS)

  • 東京商工リサーチtwitter公式アカウント
  • 東京商工リサーチ公式facebookページ