企業情報、信用調査など与信管理をサポートする東京商工リサーチ

新栄総業(株)、信用調査、与信管理、倒産情報は東京商工リサーチ。

メルマガ会員・セミナー会員募集
 

公開日:2012.01.23

負債総額が原則30億円以上の倒産企業および信用変動企業を掲載。

新栄総業(株) [新潟] ゴルフ場経営

民事再生法申請 / 負債総額 約43億7700万円

 新栄総業(株)(新潟県南蒲原郡田上町湯川2986、設立昭和47年9月28日、資本金4億円、鹿取信介社長、従業員39名)は1月23日、東京地裁に民事再生法の適用を申請し、同日保全命令を受けた。

 申請代理人は西村國彦弁護士(さくら共同法律事務所、千代田区内幸町1-1-7、電話03-5511-4400)ほか。

 監督委員には北原潤一弁護士(阿部・井窪・片山法律事務所、中央区八重洲2-8-7、電話03-3273-2600)が選任されている。

 負債総額は約43億7700万円が見込まれ、そのうち会員預託金は約24億円(会員数は約2,400名)。

 昭和47年9月に新潟県内の主要企業の共同出資により設立したもので、昭和50年10月に「湯田上カントリークラブ」の名称でゴルフ場をオープンし、バブル期の平成2年12月期には売上高約12億600万円を計上した。その後、平成14年6月には民事再生を申請していた(株)新潟紫雲寺公園ゴルフ倶楽部から「ノーブルウッドゴルフクラブ」の営業譲渡を受けて2ヶ所でゴルフ場を経営する体制を構築した。

 しかし、バブル崩壊後の会員権価格の低迷により、会員からの預託金償還請求が相次いだことから、平成13年11月に総額約24億円におよぶ会員預託金の償還期限を10年間延長する措置を実施しており、償還期限となった昨年11月に償還期限を5年間再延長した事が会員の不満を煽り、預託金の償還を求める会員の増加に歯止めが掛からなくなった。そこで、昨年12月9日にノーブルウッドゴルフクラブ(株)を会社分割して別会社とした上で民事再生による再建を目指す事となった。当面は筆頭株主の(株)櫛谷組の支援を得て再建を目指す予定にある。

 尚、1月31日(火曜日)、午後6時30分より、新潟ユニゾンプラザ・大ホール(新潟市中央区上所2-2-2)において債権者説明会を開催する予定。

記事の取扱いについて


TSR商品販売サイト

  • TSR ONLINE SHOP:出版物・マーケティングレポート等のオンラインショッピングサイト

TSR関連おすすめサービス

  • エラベル:TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト
  • TSR express:TSR情報誌をご購読のお客様に無料でお届けする倒産情報配信・検索サービス
  • 東日本大震災関連記事

TSRのソーシャルネットサービス(SNS)

  • 東京商工リサーチtwitter公式アカウント
  • 東京商工リサーチ公式facebookページ