企業情報、信用調査など与信管理をサポートする東京商工リサーチ

(株)モンスター・ナインほか1社、信用調査、与信管理、倒産情報は東京商工リサーチ。

メルマガ会員・セミナー会員募集
 

公開日:2011.11.14

負債総額が原則30億円以上の倒産企業および信用変動企業を掲載。

(株)モンスター・ナインほか1社 [東京] テレビ番組企画・制作

破産開始決定 / 負債総額 35億6600万円

~「筋肉番付」などを手掛けた有名プロデューサーが経営・「マッスルミュージカル」の興行も~

 (株)モンスター・ナイン(港区麻布台1-9-10、設立平成17年2月、資本金1000万円、樋口潮社長)と関連の(株)デジタルナイン(同所、設立平成9年6月、資本金5000万円、同社長)の2社は11月11日、東京地裁に破産申請し同日、破産開始決定を受けた。申請代理人は南賢一弁護士(西村あさひ法律事務所、港区赤坂1-12-32、電話03-5562-8760)。破産管財人には北川秀二弁護士(北川共同法律事務所、千代田区平河町1-2-2、電話03-3239-7175)が選任された。

 負債はモンスター・ナインが18億600万円、デジタルナインが17億6000万円で2社の合計35億6600万円。

 

 「筋肉番付」、「SASUKE」、「ZONE」、「スポーツマンNo.1決定戦」などを手がけた有名テレビプロデューサーの樋口社長が経営するテレビ番組の企画、制作会社。樋口社長は‘スポーツバラエティ’という新ジャンルの番組を確立した第一人者として知られていた。

 人気番組「SASUKE」「KUNOICHI」などテレビ番組の企画、制作を行うほか、格闘技イベントの企画、運営や人気コンテンツのライセンスビジネスなどを展開。関連会社のデジタルナインで「マッスルミュージカル」の公演を運営していた。

 平成18年12月には東京・お台場に番組アトラクションを体験できるスポーツテーマパーク「お台場マッスルパーク」をオープン。同22年7月には北海道に「千歳マッスルパーク」をオープンさせるなど多角化を進めて業績を拡大し、平成22年3月期は年商約24億円をあげていた。

 しかし、業容拡大の一方でマッスルパークやデジタルナインが運営する「マッスルシアター」(渋谷区、マッスルミュージカル公演)やカフェなどへの資金投下が重荷となり資金繰りが悪化、取引先への未払いなどが発生していたうえ、粉飾決算が表面化するなどのトラブルを抱えていた。

 慢性的な資金繰りに陥るなか、平成22年10月には「お台場マッスルパーク」を閉園、今年8月には「千歳マッスルパーク」もオープン後わずか1年あまりで閉園させるなど急速に業容を縮小させていた。

 

 

記事の取扱いについて


TSR商品販売サイト

  • TSR ONLINE SHOP:出版物・マーケティングレポート等のオンラインショッピングサイト

TSR関連おすすめサービス

  • エラベル:TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト
  • TSR express:TSR情報誌をご購読のお客様に無料でお届けする倒産情報配信・検索サービス
  • 東日本大震災関連記事

TSRのソーシャルネットサービス(SNS)

  • 東京商工リサーチtwitter公式アカウント
  • 東京商工リサーチ公式facebookページ