企業情報、信用調査など与信管理をサポートする東京商工リサーチ

(株)三谷温泉ひがきホテル ほか2社、信用調査、与信管理、倒産情報は東京商工リサーチ。

メルマガ会員・セミナー会員募集
 

公開日:2011.06.08

負債総額が原則30億円以上の倒産企業および信用変動企業を掲載。

(株)三谷温泉ひがきホテル ほか2社 [愛知] 旅館経営

民事再生法申請 / 3社の負債総額 約47億1600万円

~東日本大震災関連~

 (株)三谷温泉ひがきホテル(蒲郡市三谷町南山1‐59、設立昭和42年4月、資本金4500万円、日垣信三社長)並びに三谷温泉開発(株)(同町鳶欠14‐4、設立昭和30年5月、資本金2億1878万5千円、同社長)、(株)ひがきグループ(同町南山1‐21、設立昭和59年1月、資本金1000万円、同社長)の3社は6月7日、名古屋地裁へ民事再生法の適用を申請し、同日受理された。申請代理人は幸村俊哉弁護士(東京丸の内法律事務所、東京都千代田区丸の内3‐3‐1、電話03‐3213‐1081)ほか3名。監督委員には佐藤浩史弁護士(佐藤浩史法律事務所、名古屋市中区丸の内1‐17‐2、電話052‐232-3731)が選出された。

負債は3社合計で債権者345名に対し、総額47億1600万円。

 

 蒲郡市の3大温泉地区の一つ三谷温泉で「三谷温泉ひがき」「松風園」の旅館を経営し、客室棟・宴会棟を相次いで増築。平成6年には単独の泉源「曙光の湯」を掘削し数奇屋造り露天風呂を新設。バブル景気の波にも乗り、7年のピーク時にはグループ全体で約33億円の売上を計上していた。

しかしバブル崩壊後、団体客の減少に伴う宴会需要減により客単価は低下し、過去の設備投資による負債が重荷となっていた。さらに3月11日の東日本大震災の影響から法人需要が激減。現状のままでの経営は困難と判断し今回の法的措置を選択した。

なお「三谷温泉ひがき」「松風園」の旅館は引き続き経営を続け、管理体制の一本化による経営の効率化・経費削減で再建を目指す方針。

 

記事の取扱いについて


TSR商品販売サイト

  • TSR ONLINE SHOP:出版物・マーケティングレポート等のオンラインショッピングサイト

TSR関連おすすめサービス

  • エラベル:TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト
  • TSR express:TSR情報誌をご購読のお客様に無料でお届けする倒産情報配信・検索サービス
  • 東日本大震災関連記事

TSRのソーシャルネットサービス(SNS)

  • 東京商工リサーチtwitter公式アカウント
  • 東京商工リサーチ公式facebookページ