企業情報、信用調査など与信管理をサポートする東京商工リサーチ

丸和商事(株)、信用調査、与信管理、倒産情報は東京商工リサーチ。

メルマガ会員・セミナー会員募集
 

公開日:2011.04.08

負債総額が原則30億円以上の倒産企業および信用変動企業を掲載。

丸和商事(株) [静岡] 消費者金融業

民事再生法申請 / 負債総額 約336億円

丸和商事(株)(掛川市駅前1-9、設立昭和31年2月、資本金10億105万円、藤澤勝社長、従業員85名)は4月8日、藤田浩司弁護士(奥野総合法律事務所、東京都中央区京橋1-2-5京橋TDビル8電話03-3274-3805)他を申請代理人として東京地裁へ民事再生法の適用を申請し同日、監督命令を受けた。監督委員は池田靖弁護士(三宅・今井・池田法律事務所、新宿区新宿1-8-5新宿御苑室町ビル、電話03-3356-5251)。

負債総額は約336億円(平成22年3月末時点)。

商店向けの小口金融を目的に設立され、昭和52年以降は個人消費者向け融資を主力に業績を伸ばしてきた。庶民金融業者として関東・中部地区に「ニコニコクレジット」7店舗、また、女性スタッフにより運営される女性専用「アイリス」、ネットキャッシング「e―NIKO」などを運営していた。

ピーク時の平成18年3月期には営業収入152億9114万円を計上したが、時を同じくして旧貸金業法第43条の見做し弁済の要件を厳格に解する18年1月の最高裁判決を契機として、利息制限法所定利率を超過した利息の返還を求める利息返還金返還請求が増加したことから、収益は大きく圧迫されることとなった。

その後も、店舗の閉鎖及び貸出基準の見直し等を行ったものの減収推移に歯止めがかからず、22年3月期では営業収入52億7754万円まで落ち込んでいた。事業環境の急激な変化に対応するためさまざまな施策を講じたものの、営業貸付債権の減少に伴う利息収入の減少や利息返還金返還要求のさらなる増加により、近い将来、事業継続に著しい支障が生じる状況が予想されることから今回の措置となった。

 

丸和商事業績推移(単位:千円)

決算期      営業収入   当期純利益

平成20年3月期  10,136,451    188,850

平成21年3月期   7,309,807     69,609

平成22年3月期   5,277,547     150,260

記事の取扱いについて


TSR商品販売サイト

  • TSR ONLINE SHOP:出版物・マーケティングレポート等のオンラインショッピングサイト

TSR関連おすすめサービス

  • エラベル:TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト
  • TSR express:TSR情報誌をご購読のお客様に無料でお届けする倒産情報配信・検索サービス
  • 東日本大震災関連記事

TSRのソーシャルネットサービス(SNS)

  • 東京商工リサーチtwitter公式アカウント
  • 東京商工リサーチ公式facebookページ