企業情報、信用調査など与信管理をサポートする東京商工リサーチ

シルバー精工(株)、信用調査、与信管理、倒産情報は東京商工リサーチ。

メルマガ会員・セミナー会員募集
 

公開日:2010.12.28

負債総額が原則30億円以上の倒産企業および信用変動企業を掲載。

シルバー精工(株) [東京] 環境・情報・編機・家庭機器製造

銀行取引停止 / 負債総額 約15億7800万円

~東証1部上場・上場は今年10社目~

 シルバー精工(株)(新宿区上落合2-28-7、設立昭和14年12月、資本金175億511万円、嶋田彰社長、従業員58名)は12月28日、銀行取引停止処分を受けた。

 上場企業の倒産は今年10社目。

 負債総額は約15億7800万円(平成22年3月期決算ベース)。

 

 昭和27年10月、丸越編物機械(株)として創業、同30年シルバー編機製造(株)に商号を変更、同39年3月東証2部に上場した。同42年6月、商号を現社名に変更、同59年9月東証1部に指定替えされた老舗編機メーカー。ここ最近では主力だった編機が市況環境の縮小・悪化の影響で売上規模が落ち込んでいたため掃除機、オゾン脱臭器などの環境衛生機器やプリンター・コピー機器などの事務機器も扱っていた。

 業績は昭和60年3月期の年商357億円をピークに減収減益を続いたため、多角化経営に乗り出し主力事業外の子会社を国内外で設立・買収するなどで経営建て直しを図っていたほか、相次ぐ第三者割当増資・新株予約権の発行などによる資金調達で資金繰りを凌いでいた。だが、業況は好転せず、逆に子会社の清算を余儀なくされるなどにより累積赤字は膨らみ、22年3月期年商も19億5700万円に減少、20億9700万円の最終赤字となり、継続疑義注記がされ信用性は低下していた。

 なお、会社側は東京証券取引所に対して「振り出した約束手形について2回不渡りとなり、銀行取引が停止されたおそれがある」と報告、今後については「営業を継続し、スポンサーを募る意向」としている。

記事の取扱いについて


TSR商品販売サイト

  • TSR ONLINE SHOP:出版物・マーケティングレポート等のオンラインショッピングサイト

TSR関連おすすめサービス

  • エラベル:TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト
  • TSR express:TSR情報誌をご購読のお客様に無料でお届けする倒産情報配信・検索サービス
  • 東日本大震災関連記事

TSRのソーシャルネットサービス(SNS)

  • 東京商工リサーチtwitter公式アカウント
  • 東京商工リサーチ公式facebookページ