企業情報、信用調査など与信管理をサポートする東京商工リサーチ

(株)シェ松尾ほか1社、信用調査、与信管理、倒産情報は東京商工リサーチ。

メルマガ会員・セミナー会員募集
 

公開日:2010.09.17

負債総額が原則30億円以上の倒産企業および信用変動企業を掲載。

(株)シェ松尾ほか1社 [東京] レストラン経営

事業譲渡 / 債務整理へ

 (株)シェ松尾(渋谷区渋谷2-11-2、設立昭和59年10月、資本金8000万円、松尾幸造社長、従業員80名)とグループ会社の(株)シェ松尾エンタープライズ(世田谷区三宿1-7-1、設立平成17年4月、資本金5000万円、吉田俊昭社長、従業員100名)は、「9月中旬以降の資金繰りの目処が立たず事業継続が困難となったことから、事業支援会社に事業を譲渡。9月16日、事業譲渡及び債務整理に入る」旨の通知文を関係先に送付した。

 事後処理を名倉啓太弁護士(弁護士法人淀屋橋・山上合同、千代田区丸の内2-3-2、電話03-6267-1241)他1名に一任、9月22日(木)午前10時よりベルサール八重洲(中央区八重洲1-3-7)で債権者説明会を開催する予定。

 

 シェ松尾は昭和55年創業、シェフの松尾幸造氏(会長)が渋谷区松涛にレストラン『シェ松尾』をオープンした。『シェ松尾』の屋号にて松涛レストランのほか青山サロン、天王洲倶楽部の3店舗を経営。皇族をはじめ各界の著名人が利用するなど高級フレンチレストランとして相応の知名度を誇り、平成19年3月期は年商約19億5000万円をあげていた。

 しかし、景気低迷を受けて特に企業の接待利用が激減するなど売上減少に歯止めがかからず、21年3月期年商は約13億3000万円に減少。また、金融機関の融資姿勢が厳格化するなか新たな資金調達が困難となり、一部の取引先に対して支払遅延が生じるなど厳しい経営を余儀なくされていた。

 また、グループ会社の(株)シェ松尾エンタープライズは、シェ松尾の関連会社として設立され、19年9月、シェ松尾の洋菓子店、製菓部門を分割継承した。グループ全体としてはフレンチレストランのほか洋菓子喫茶店の経営、洋菓子、贈答用惣菜等の販売、ブライダルなどの各種パーティーコンサルティング等を展開している。

 なお、事業譲渡はシェ松尾の松涛レストランを除く全事業を対象に、9月15日に実行されており16日以降も全店舗で営業を継続している。松涛レストランの営業についても事業継続に必要な支援を別会社より受けて継続している。

 

記事の取扱いについて


TSR商品販売サイト

  • TSR ONLINE SHOP:出版物・マーケティングレポート等のオンラインショッピングサイト

TSR関連おすすめサービス

  • エラベル:TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト
  • TSR express:TSR情報誌をご購読のお客様に無料でお届けする倒産情報配信・検索サービス
  • 東日本大震災関連記事

TSRのソーシャルネットサービス(SNS)

  • 東京商工リサーチtwitter公式アカウント
  • 東京商工リサーチ公式facebookページ