企業情報、信用調査など与信管理をサポートする東京商工リサーチ

(株)ギャラクシーエクスプレス、信用調査、与信管理、倒産情報は東京商工リサーチ。

メルマガ会員・セミナー会員募集
 

公開日:2010.06.29

負債総額が原則30億円以上の倒産企業および信用変動企業を掲載。

(株)ギャラクシーエクスプレス [東京] 中型ロケット開発、製造

特別清算開始決定 /

~官民共同プロジェクトの国産ロケット開発会社~

(株)ギャラクシーエクスプレス(江東区豊洲3-1-1、設立平成13年3月、資本金4億7270万円、近田哲夫代表清算人)は6月18日、東京地裁から特別清算開始決定を受けた。

 4月1日に存続期間の満了により解散。平成22年3月末時点での当社の債務超過額は228億9900万円に達していた。

 

 日本初の中小型衛星打上げビジネスへの参入を目的に、官民共同プロジェクトとして中小型ロケットの開発を目的に設立。(株)IHI(江東区、東証1部)及びグループ企業が42%を占める大株主となり、その他大手商社など7社の共同出資を得ていた。

 JAXA(宇宙航空研究開発機構)の先端技術実証ロケットをベースに米国、ロシアのロケット技術を導入して国産の中小ロケット「GX」を開発・製造していた。低コストでのロケット打上げ、商業衛星打上げサービスなどの事業化を視野に入れ、当初は平成18年の初号機打上げを目標に10年間で33~40機の需要を見込んでいた。

しかし、LNG(液化天然ガス)燃料エンジンの開発が大幅に遅れるなどしたため、初号機の打上げは平成23年目標となり計画が大幅に延期。また、当初官民合わせて450億円を見込んでいた開発費が平成20年までに既に約700億円にまで達していたうえ、同20年5月には開発費がさらに1000億円程度必要との試算を発表。さらにエンジン開発が同25年にまで再度延期する見込みであることが明らかとなっていた。

こうした中、昨年11月に行われた政府の行政刷新会議の事業仕分け作業においてGXロケット開発計画の廃止が求められ、政府はGXロケット開発プロジェクトの中止を決定。これを受け、今年1月には親会社のIHIが民間のみでのプロジェクト遂行は困難と判断し解散することを発表していた。

なおIHIは平成22年3月期決算で、プロジェクトの中止に伴って見込まれる資産の廃却などに係る特別損失102億3800万円を計上している。

 

記事の取扱いについて


TSR商品販売サイト

  • TSR ONLINE SHOP:出版物・マーケティングレポート等のオンラインショッピングサイト

TSR関連おすすめサービス

  • エラベル:TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト
  • TSR express:TSR情報誌をご購読のお客様に無料でお届けする倒産情報配信・検索サービス
  • 東日本大震災関連記事

TSRのソーシャルネットサービス(SNS)

  • 東京商工リサーチtwitter公式アカウント
  • 東京商工リサーチ公式facebookページ