企業情報、信用調査など与信管理をサポートする東京商工リサーチ

(株)ジオス、信用調査、与信管理、倒産情報は東京商工リサーチ。

メルマガ会員・セミナー会員募集
 

公開日:2010.04.21

負債総額が原則30億円以上の倒産企業および信用変動企業を掲載。

(株)ジオス [東京] 英会話学校

破産申請 / 負債総額 約75億円

~「英会話のジオス」経営~

 (株)ジオス(渋谷区渋谷1-14-9、登記上:品川区大崎1-6-4、設立昭和61年12月18日、資本金4億9000万円、楠恒男社長)は、4月20日東京地裁に破産申請した。申立代理人は戸谷雅美弁護士(スクワイヤ・サンダース外国法共同事業法律事務所、渋谷区広尾1-1-39、電話03-5774-1800)。

保全管理人には小林信明弁護士(小林総合法律事務所、千代田区麹町1-6-9、電話03-3515-3565)が選任された。

負債は約75億円(22年3月末時点)。

 「英会話のジオス」としてテレビCMなどでの広告露出も多く、国内での英会話学校の運営や、海外への留学・ホームステイの企画・運営を行っていた。海外各国にも現地法人を設立、「GEOS」として教室を展開し規模を拡大させた。

しかし、競争が激しく、景気低迷などを背景に個人の支出抑制などから生徒数が漸減。これに伴い、減収が続いて20年12月期の年商は約110億円に落ち込み、不採算校の撤退などから大幅な赤字に転落していた。

さらに、22年2月にはオーストラリア現地法人が実質破綻し、現地の8校全てが閉鎖された影響や、21年12月期の業績、今後の動向が注目されていたなか、3月中に本社を品川から現在地に移転していた。

 

記事の取扱いについて


TSR商品販売サイト

  • TSR ONLINE SHOP:出版物・マーケティングレポート等のオンラインショッピングサイト

TSR関連おすすめサービス

  • エラベル:TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト
  • TSR express:TSR情報誌をご購読のお客様に無料でお届けする倒産情報配信・検索サービス
  • 東日本大震災関連記事

TSRのソーシャルネットサービス(SNS)

  • 東京商工リサーチtwitter公式アカウント
  • 東京商工リサーチ公式facebookページ