企業情報、信用調査など与信管理をサポートする東京商工リサーチ

(株)富士スポーツランド、信用調査、与信管理、倒産情報は東京商工リサーチ。

メルマガ会員・セミナー会員募集
 

公開日:2005.09.28

負債総額が原則30億円以上の倒産企業および信用変動企業を掲載。

(株)富士スポーツランド [静岡] パチンコ店経営

破産手続開始申立 / 両社の負債総額 約34億6200万円

〜関連会社の(株)中部日本観光も同時に〜

 (株)富士スポーツランド(伊東市中央町6−11、設立昭和55年7月、資本金1000万円、草山忠社長)と関連会社の(株)中部日本観光(伊東市吉田686−1、設立昭和58年1月、資本金1100万円、草山徹社長)の両社は、9月26日静岡地裁沼津支部に破産手続開始を申し立てた。申立代理人は小林克典弁護士(東京都千代田区麹町4−2−1、電話03−3234−2941)。負債は富士スポーツランドが約25億3000万円、中部日本観光が約9億3200万円。

 

富士スポーツランドは昭和26年の創業、55年7月に法人化したパチンコ店の経営会社。神奈川県秦野市のパチンコ店からスタート、約21億円を投じた郊外型店「キネマ会館白石館」を含め5店舗を抱え、平成6年6月期には年商約129億円をあげる伊豆地区ではトップのパチンコ業者に成長した。また、平成7年2月に地元競合店であった(株)中部日本観光を買収するなど積極的な事業展開を図ってきた。

 しかし、積極的な出店や買収に伴う借入負担が財務を圧迫していたううえ、パチンコブームの衰退、店舗の老朽化などから業績は低下、16年期は両社合計で年商約90億円に落ち込んでいた。そうした中、今年に入り同業3社が新規参入やリニューアルオープンしたため競争が激化、業績の低下に歯止めがかからず今回の措置となった。

 

記事の取扱いについて


TSR商品販売サイト

  • TSR ONLINE SHOP:出版物・マーケティングレポート等のオンラインショッピングサイト

TSR関連おすすめサービス

  • エラベル:TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト
  • TSR express:TSR情報誌をご購読のお客様に無料でお届けする倒産情報配信・検索サービス
  • 東日本大震災関連記事

TSRのソーシャルネットサービス(SNS)

  • 東京商工リサーチtwitter公式アカウント
  • 東京商工リサーチ公式facebookページ