企業情報、信用調査など与信管理をサポートする東京商工リサーチ

(株)井野屋、信用調査、与信管理、倒産情報は東京商工リサーチ。

メルマガ会員・セミナー会員募集
 

公開日:2005.12.29

負債総額が原則30億円以上の倒産企業および信用変動企業を掲載。

(株)井野屋 [大阪] 割賦販売店経営

民事再生開始申立 / 両社の負債総額 推定55億円

〜関連会社の大河商事(株)も同時に〜

TSR企業コード:57-001469-7/57-030581-0

 (株)井野屋(大阪市旭区新森7−8−38、設立昭和27年1月、資本金2億4000万円、河上隆信社長、従業員224名)と関連会社の大河商事(株)(大阪市旭区清水2−16−7、設立昭和37年1月、資本金1000万円、河上英夫社長、従業員4名)の両社は12月28日、大阪地裁に民事再生手続開始を申し立て同日保全命令を受けた。申立代理人は野村剛司弁護士(大阪市北区西天満4−3−4、電話06−6311−7087)。負債は井野屋が推定50億円、大河商事が推定5億円。

 

井野屋は昭和25年の創業、27年1月に法人化した割賦販売店の経営会社。時計、カメラ、貴金属、電化製品、呉服、婦人服などの割賦販売を手掛け、京阪沿線・北河内地区で店舗を展開するほか催事販売も実施、ピーク時の平成3年1月期には年商169億5500万円をあげていた。

 しかし、近年は大型専門店の進出や消費動向の変化、客単価の下落などから業績は低迷、対応策として平成12年にギフト部門や住宅リフォーム部門を立ち上げたが、業績低下に歯止めがかからず、平成16年1月期は年商61億8000万円にまで減少、以後も業績の回復を果たせず12月末日以降の決済目処が立たなくなり、民事再生による再建を図ることになった。

 関連会社の大河商事は井野屋の仕入部門で平成16年7月期には年商12億6800万円をあげていた。だが、運営を井野屋に依存していたため、同時に再生手続を進めることとなった。

 

記事の取扱いについて


TSR商品販売サイト

  • TSR ONLINE SHOP:出版物・マーケティングレポート等のオンラインショッピングサイト

TSR関連おすすめサービス

  • エラベル:TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト
  • TSR express:TSR情報誌をご購読のお客様に無料でお届けする倒産情報配信・検索サービス
  • 東日本大震災関連記事

TSRのソーシャルネットサービス(SNS)

  • 東京商工リサーチtwitter公式アカウント
  • 東京商工リサーチ公式facebookページ