企業情報、信用調査など与信管理をサポートする東京商工リサーチ

藤和興産(株)、信用調査、与信管理、倒産情報は東京商工リサーチ。

メルマガ会員・セミナー会員募集
 

公開日:2006.01.30

負債総額が原則30億円以上の倒産企業および信用変動企業を掲載。

藤和興産(株) [京都] ホテル経営

破産手続開始決定 / 両社の負債総額 約330億円

〜関連会社の(株)日ノ岡も同時に〜

 TSR企業コード:64−107115−9/64−119148−0  

 藤和興産(株)(京都市中京区富小路通御池上ル守山町168、登記上:大阪市鶴見区今津中2−5−2、設立昭和32年6月、資本金2000万円、柄本憲秀清算人)とグループ会社の(株)日ノ岡(京都市中京区蛸薬師通烏丸東入一蓮社町293、登記上:大阪市鶴見区今津中2−5−2、設立昭和29年2月、資本金6400万円、池田親二清算人)の両社は12月9日、大阪地裁に破産手続開始を申し立て同月14日開始決定を受けていたことが分かった。破産管財人は橘高和芳弁護士(大阪市北区曽根崎1−1−2、電話06−6311−8130)。負債は藤和興産が約252億円、日ノ岡が約78億円。

 

藤和興産(旧・(株)トーカン、平成10年10月商号変更)は京都市内を中心にホテル、旅館を経営、ピーク時の平成2年7月期には年商5億2000万円をあげていた。しかし、同年5月に多額の資金を投入してオープンした「ロイヤルオークホテル」(滋賀県大津市)の経営が軌道に乗らず、資金固定から急速に財務内容が悪化。そのため、社有不動産の売却や事業の縮小で経営を維持してきたが、先行きの見通しも立たず今回の措置となった。

 グループ会社の日ノ岡(旧・(株)ロイヤルビル、平成10年10月商号変更)は、藤和興産が経営するホテル内でスポーツ施設を運営するほか、京都市内でスポーツクラブを経営、平成4年1月期には年商4000万円をあげていた。しかし、バブル景気崩壊後は業績不振と金融債務の負担が経営を圧迫していた。

 両社は平成10年11月開催の株主総会で解散を決議、清算業務を進める中で17年6月登記地を京都市中京区より大阪市鶴見区に移し破産を申し立てた。

 なお、同ホテルの不動産は競売により平成9年3月に所有権が移転、15年7月より別会社が経営権を引き継ぎ現在も営業継続中である。

 

記事の取扱いについて


TSR商品販売サイト

  • TSR ONLINE SHOP:出版物・マーケティングレポート等のオンラインショッピングサイト

TSR関連おすすめサービス

  • エラベル:TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト
  • TSR express:TSR情報誌をご購読のお客様に無料でお届けする倒産情報配信・検索サービス
  • 東日本大震災関連記事

TSRのソーシャルネットサービス(SNS)

  • 東京商工リサーチtwitter公式アカウント
  • 東京商工リサーチ公式facebookページ