企業情報、信用調査など与信管理をサポートする東京商工リサーチ

札幌国際観光(株)、信用調査、与信管理、倒産情報は東京商工リサーチ。

メルマガ会員・セミナー会員募集
 

公開日:2007.08.16

負債総額が原則30億円以上の倒産企業および信用変動企業を掲載。

札幌国際観光(株) [北海道] ホテル・飲食店・食品販売

民事再生開始決定 / 負債総額 約43億7000万円

 札幌国際観光(株)(札幌市中央区南7条東1−1、設立昭和37年11月、資本金6億8000万円、伊藤俊男社長、従業員137名)は8月16日、札幌地裁へ民事再生手続開始を申し立て、同日再生手続開始決定を受けた。申立代理人は大川哲也弁護士(札幌市中央区北4条西20丁目、電話011−631−2300)。負債は約43億7000万円(平成19年1月期ベース)。

 

札幌国際観光は昭和37年11月の設立。昭和39年に「札幌ローヤルホテル」、48年5月には「センチュリーローヤルホテル」をオープンさせ、この2つのホテル運営に加えて、飲食店の「かにっこ」及び食品販売などを展開。ホテルはいずれも立地に恵まれ、札幌市を代表するホテルとして高い知名度を有し、ピーク時の平成5年1月期には年商102億円をあげていた。

 しかし、以後、本州資本のホテル進出などで競合が激化したことに加え、婚礼部門の低迷や官公庁および法人の宴会需要の減少などで苦戦が続き、収益面は悪化していた。このため、不採算であった地ビール部門の撤退や飲食店部門の縮小を行ったほか、平成17年には旧本社不動産の売却を進めるなど経営のスリム化を進める一方、ホテルのリニューアルで稼働率の向上を図ってきた。だが、平成7年1月期以降は12期連続で減収となり、19年1月期には年商が51億2611万円にまで低下。また減損損失を含めて、同期には3億7492万円の赤字計上となっていた。

 

記事の取扱いについて


TSR商品販売サイト

  • TSR ONLINE SHOP:出版物・マーケティングレポート等のオンラインショッピングサイト

TSR関連おすすめサービス

  • エラベル:TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト
  • TSR express:TSR情報誌をご購読のお客様に無料でお届けする倒産情報配信・検索サービス
  • 東日本大震災関連記事

TSRのソーシャルネットサービス(SNS)

  • 東京商工リサーチtwitter公式アカウント
  • 東京商工リサーチ公式facebookページ