企業情報、信用調査など与信管理をサポートする東京商工リサーチ

(株)レイコフ、信用調査、与信管理、倒産情報は東京商工リサーチ。

メルマガ会員・セミナー会員募集
 

公開日:2008.03.21

負債総額が原則30億円以上の倒産企業および信用変動企業を掲載。

(株)レイコフ [大阪] 純粋持株会社

民事再生開始申立 / 3社の負債総額 426億2980万円

〜大証ヘラクレス上場、サブプライム問題の影響、関連2社も同時に〜

 大証ヘラクレス上場企業の(株)レイコフ(大阪市中央区瓦町3−5−7、設立平成13年8月、資本金21億8884万円、小川哲男社長、従業員39名)及び関連会社2社は3月20日、大阪地裁へ民事再生手続開始を申し立て、同日保全命令を受けた。

 申立代理人は池田裕彦弁護士(大阪市北区堂島1−1−5、弁護士法人大江橋法律事務所、電話06−6341−7407)。

 監督委員には石井教文弁護士(大阪市北区堂島浜1−2−6、大阪西総合法律事務所、電話06−6344−1550)が選任されている。

 負債の内訳は、レイコフが107億7505万円、レイコフインベストメント225億5503万円、ホスピタリティインベストメントが92億9971万円で、3社合計426億2980万円。

 

レイコフは平成1年1月、不動産の鑑定・調査業務を目的に創業。13年8月子会社の経営指導、監理を担う純粋持株会社として設立。連結子会社13社でグループを形成し、中核事業となる不動産の鑑定・調査のほか、不動産媒介、コンサルティング、不動産投資ファンドの組成・運営、賃貸用収益物権の取得・売却・管理などを行い、17年5月に大阪証券取引所ヘラクレス市場に株式上場を果たした。

 19年8月期の単体での年商は9億5400万円に留まるが、不動産投資ファンド事業にて中小賃貸マンションからオフィスビル、商業ビルなどへ対象物件を広げ、グループで業容を年々拡大、同期決算での年商はグループ連結で239億1200万円を計上していた。

 今期に入っても住居ファンド物件の取得推進で業容の拡大を見込んでいたが、その一方で積極的な不動産取得などにより借入金が増大していたところ、サブプライムローン問題に端を発する金融・不動産市況の悪化に伴い資金調達環境が悪化。収益物件として取得した物件に関しても市況悪化により取得価格以上での売却が不可能な状態に陥っていた。今年2月にはMSワラントによる新規の資金調達も予定していたが、計画は延期となり、資金調達難から今回の措置となった。

 なお、関連会社で不動産投資事業を手掛ける(株)レイコフインベストメント(57−180297−4、本社同所、設立平成13年12月、資本金9900万円、同社長、従業員12名)及びホテル・ゴルフ場等の不動産所有・賃貸業を手掛ける(株)ホスピタリティインベストメント(57−538035−7、大阪市中央区瓦町4−3−7、設立平成18年2月、資本金1000万円、同社長)も親会社と共に同様の手続きを進めることとなった。

 

 

記事の取扱いについて


TSR商品販売サイト

  • TSR ONLINE SHOP:出版物・マーケティングレポート等のオンラインショッピングサイト

TSR関連おすすめサービス

  • エラベル:TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト
  • TSR express:TSR情報誌をご購読のお客様に無料でお届けする倒産情報配信・検索サービス
  • 東日本大震災関連記事

TSRのソーシャルネットサービス(SNS)

  • 東京商工リサーチtwitter公式アカウント
  • 東京商工リサーチ公式facebookページ