企業情報、信用調査など与信管理をサポートする東京商工リサーチ

グローバンス(株)、信用調査、与信管理、倒産情報は東京商工リサーチ。

メルマガ会員・セミナー会員募集
 

公開日:2008.05.26

負債総額が原則30億円以上の倒産企業および信用変動企業を掲載。

グローバンス(株) [東京] 不動産ファンド運営

民事再生開始申立 / 負債総額 約69億円

 グローバンス(株)(千代田区永田町2−11−1、設立平成15年3月、資本金2億919万円、内山眞一社長、従業員45名)は5月26日、東京地裁に民事再生手続開始を申し立て、同日保全命令を受けた。

 申立代理人は東山敏丈弁護士(千代田区永田町2−11−1、牛島総合法律事務所、電話03−5511−3200)ほか3名、監督委員には岡伸浩弁護士(港区新橋3−8−8、竹岡・岡・吉野法律事務所、電話03−5776−7887)が選任された。

 債権者向けの説明会を5月28日(水)午後2時より日本青年会館(新宿区)で予定している。

 負債は約69億円。

 

グローバンスは平成15年3月に不動産投資ファンドの運営、アセットマネジメント等を目的に設立。オフィス、商業施設、マンションなどを投資対象とした不動産ファンドの運営事業を中心におこなっていた。とりわけ、地域密着型の「マルハチファンド」(名古屋圏に特化した不動産ファンド)や学生マンションを対象としたものなど特色あるファンド運営で定評があり業績を拡大させ、平成19年3月期の売上高は約47億2600万円を計上、同期の運用資産は約610億円の実績を有していた。

 マルハチファンドを筆頭に、運用する各ファンドのJ−REIT(日本不動産投資信託)への上場を目指していたほか、昨年9月には金融商品取引法による兼業規制を踏まえ不動産開発・投資事業を別会社へ移管。ところが、地価上昇に陰りが出てきたことや、サブプライムローン問題の影響によるREIT市場の低迷など、業界を取り巻く環境が急速に悪化、また金融機関からの資金調達も困難となり今回の措置となった。

 

記事の取扱いについて


TSR商品販売サイト

  • TSR ONLINE SHOP:出版物・マーケティングレポート等のオンラインショッピングサイト

TSR関連おすすめサービス

  • エラベル:TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト
  • TSR express:TSR情報誌をご購読のお客様に無料でお届けする倒産情報配信・検索サービス
  • 東日本大震災関連記事

TSRのソーシャルネットサービス(SNS)

  • 東京商工リサーチtwitter公式アカウント
  • 東京商工リサーチ公式facebookページ