企業情報、信用調査など与信管理をサポートする東京商工リサーチ

フクモク工業(株)、信用調査、与信管理、倒産情報は東京商工リサーチ。

メルマガ会員・セミナー会員募集
 

公開日:2008.06.24

負債総額が原則30億円以上の倒産企業および信用変動企業を掲載。

フクモク工業(株) [福井] 鋼構造物工事、鉄鋼加工、鋼材販売

破産手続開始申立へ / 負債総額 約78億円

 フクモク工業(株)(福井市中角町7−7、設立昭和21年11月、資本金4億7500万円、宮川隆治社長、従業員160名)は6月24日、事業を停止。事後を北川恒久弁護士(福井市春山1−6−21、北川法律事務所、電話0776−27−0178)ほかに一任し破産手続開始申し立ての準備に入った。

 負債は約78億円が見込まれている。

 

フクモク工業は、明治14年木材商として創業、昭和21年11月に法人化、昭和38年4月福井木材(株)から現商号に変更し鉄工業が主力に転換した。鉄骨製作工場はHグレードで当地大手の鋼構造物工事業者として知られ業界のリーダー的存在だった。近年は橋梁等の大型公共工事を主体に受注を確保、ピークの平成4年3月期には134億円の売上をあげていた。

 しかし、その後は市況低迷とともに受注減少が続き、平成16年3月期の売上は67億円とピーク比から半減。同時に採算面も悪化し従来からの借金偏重の資金運営に余裕はなかった。

 一時は鉄骨部門の縮小など合理化推進で対応したが薄利傾向は変わらなかったため、鉄骨部門を再開し平成18〜19年3月期は売上100億円台に回復、量的確保と金融支援で凌いできた。

 平成20年3月期売上も108億9700万円を確保したが、期中の平成19年後半に多額の未回収金が発生したことで急速に資金繰りが悪化、同時に貸倒れが散発、また鋼材価格の値上がり等により収益も圧迫されるなどで厳しい受注状況が続いたことからこれに対処しきれず今回の事態となった。

記事の取扱いについて


TSR商品販売サイト

  • TSR ONLINE SHOP:出版物・マーケティングレポート等のオンラインショッピングサイト

TSR関連おすすめサービス

  • エラベル:TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト
  • TSR express:TSR情報誌をご購読のお客様に無料でお届けする倒産情報配信・検索サービス
  • 東日本大震災関連記事

TSRのソーシャルネットサービス(SNS)

  • 東京商工リサーチtwitter公式アカウント
  • 東京商工リサーチ公式facebookページ