企業情報、信用調査など与信管理をサポートする東京商工リサーチ

(株)ハマモク、信用調査、与信管理、倒産情報は東京商工リサーチ。

メルマガ会員・セミナー会員募集
 

公開日:2008.07.30

負債総額が原則30億円以上の倒産企業および信用変動企業を掲載。

(株)ハマモク [高知] 木材・新建材等卸売、建築工事

民事再生開始申立 / 負債総額 約40億円

〜明治創業の老舗、木材売上県内トップ〜

 (株)ハマモク(高知市仁井田4670、設立昭和27年6月、資本金3000万円、嶋田隆史社長)は7月30日、高知地裁に民事再生手続開始を申し立てた。

 申立代理人は矢野公士弁護士(高知市本町5−2−18−4、電話088−820−8288)。

 負債は約40億円。

 

 ハマモクは、明治元年に高知市北奉公人町にて濱田木材店として創業、27年6月法人化した当地区木材業界のトップ企業。46年9月には(株)土佐原木センターを合併するなどで業容を拡大し、ピーク時の平成9年5月期には年商約128億円をあげていた。

 しかし、香川県下で展開した関連会社タクミによる住宅建築業の失敗などから巨額の損失が発生。関連会社の債務合計27億円強を肩代わりしたことにより、借入額は平成12年5月期末で82億円に達し経営危機を迎えた。

 このため、取引金融機関の協力のもと、関連会社の整理や遊休資産等の売却などの合理化を推進する一方、16年1月には高知県中小企業再生支援協議会から高知県で第1号の指定を受け、銀行・官公庁・商工団体の協力により再生に取り組んできた。但し、18年5月末で借入総額は約58億円に達し、この状況下で金融機関の債権放棄なくしては再建が困難として、RCC(整理回収機構)の企業再生スキームへと移行。

 その一環として、ホームセンター部門を19年1月(株)ハマートとして分社化し、全株式を須崎市の(株)フタガミに売却。同年4月前専務だった現代表が就任しその他の役員は全員辞任。同年5月に資本金を全額消却して南国土佐再生ファンド投資事業有限責任組合の全額出資会社となった。

 また、金融機関より総額約20億円の債権放棄を受け、さらに長期借入金のうち7億2700万円を返済順位の低い劣後債デット・デット・スワップ(DDS)とし、年間借入金返済額を約1億円として経営再建を再スタートさせたが、建築基準法改正の影響等もあって借入金の圧縮は捗らず経営を圧迫していた。

 

 

 

 

 

記事の取扱いについて


TSR商品販売サイト

  • TSR ONLINE SHOP:出版物・マーケティングレポート等のオンラインショッピングサイト

TSR関連おすすめサービス

  • エラベル:TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト
  • TSR express:TSR情報誌をご購読のお客様に無料でお届けする倒産情報配信・検索サービス
  • 東日本大震災関連記事

TSRのソーシャルネットサービス(SNS)

  • 東京商工リサーチtwitter公式アカウント
  • 東京商工リサーチ公式facebookページ