企業情報、信用調査など与信管理をサポートする東京商工リサーチ

(株)志多組、信用調査、与信管理、倒産情報は東京商工リサーチ。

メルマガ会員・セミナー会員募集
 

公開日:2008.08.08

負債総額が原則30億円以上の倒産企業および信用変動企業を掲載。

(株)志多組 [宮崎] 総合建設業

民事再生開始申立 / 負債総額 約278億円

〜宮崎県で今年最大、歴代4番目の大型倒産〜

 (株)志多組(宮崎市高千穂通1−4−30、設立昭和19年5月3日、資本金4億5000万円、志多宏彦社長)は8月8日、東京地裁に民事再生手続開始を申し立て、同日監督命令が下りた。

 申立代理人は南賢一弁護士(東京都港区赤坂1−12−32、西村あさひ法律事務所、電話03−5562−8500)。監督委員は長島良成弁護士(東京都千代田区五番5−5、長島良成法律事務所、電話03−5276−1321)が選任された。

 負債は債権者約1100名に対し約278億円(平成20年6月30日現在)。

 

志多組は昭和6年9月創業、宮崎県内完工高トップの総合建設会社。昭和19年に(株)志多高田組を設立、昭和25年高田組との合併を解消し(株)志多組に変更。昭和33年福岡、鹿児島、昭和36年大分、昭和39年熊本に支店を開設し業容を拡大、昭和63年には東京支店を開設した。

 平成6年に宮崎県立芸術劇場、平成8年にフェニックスリゾートシーガイアを施工するなどで建築業協会表彰を受賞。平成8年には当時の社長で現会長の志多孝彦氏が九州建設業協会々長に就任するなど、名実共に宮崎県を代表する総合建設会社に成長していた。また、平成17年11月マンション分譲会社のヒューザー(東京)が発注、志多組が施工した「グランドステージ稲城」の耐震偽装が発覚したが、国土交通省などの調査の結果、志多組に責任はないとの結論で事なきを得た。

 その後は東京を中心とした首都圏での建築市況が活発に推移、ミニバブル的な様相を呈し同地区での完工高が増大、平成19年6月期は東京支店だけで187億円を竣工するなど完工高は過去最高となる378億6700万円をあげていた。

 しかし、宮崎県内では関連会社に20億円を貸し付けて開発した分譲地「北宮崎ニュータウン湘桜台(しょうおうだい)」(157区画)の売れ行きが鈍かったうえに、グループ企業に総額30億円の貸付金があったほか、マンション建築の工事代金の回収が長期化することで運転資金の需要が急増していた。

 また、受注競争で利益率は年々低下していたにも関わらず、従業員の雇用を維持していたために余裕のない資金繰りを強いられていた。

 こうした中、平成20年6月青木不動産(東京都、破産)に約4億円、ケイ・エス・シー(東京都、破産)に約15億円もの不良債権が発生したことで信用不安が流れ、一部取引業者の撤退や支払条件の変更を強いられていた。この焦げ付き補てん分を含め取引金融機関に支援を要請するなど善後策を検討したものの、資金調達が不調に終わり今後の資金繰りのメドがたたなくなったため、民事再生法による経営再建の道を選択した。

 なお、志多組の負債総額約278億円は今年(平成20年)最大、過去においてはフェニックスリゾート(2762億円)、マリンエキスプレス(351億円)、フェニックス国際観光(327億円)に次いで歴代4番目の大型倒産となる。

 

記事の取扱いについて


TSR商品販売サイト

  • TSR ONLINE SHOP:出版物・マーケティングレポート等のオンラインショッピングサイト

TSR関連おすすめサービス

  • エラベル:TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト
  • TSR express:TSR情報誌をご購読のお客様に無料でお届けする倒産情報配信・検索サービス
  • 東日本大震災関連記事

TSRのソーシャルネットサービス(SNS)

  • 東京商工リサーチtwitter公式アカウント
  • 東京商工リサーチ公式facebookページ