企業情報、信用調査など与信管理をサポートする東京商工リサーチ

(有)プリンス、信用調査、与信管理、倒産情報は東京商工リサーチ。

メルマガ会員・セミナー会員募集
 

公開日:2008.11.05

負債総額が原則30億円以上の倒産企業および信用変動企業を掲載。

(有)プリンス [千葉] パチンコ店経営

民事再生開始申立 / 負債総額 約31億円

 (有)プリンス(旭市ニ660、設立昭和62年4月、資本金500万円、飯島儀兵衛社長、従業員85名)は10月29日、千葉地裁に民事再生手続開始を申し立てた。

 申立代理人は高橋省弁護士(東京都千代田区鍛冶町1−4−7、秋葉・高橋法律事務所、電話03−5296−1955)。

 監督委員には山村清治弁護士(千葉市中央区中央3−10−4、みどり総合法律事務所、電話043−224−2233)が選任されている。

 負債は約31億円。

 

プリンスは昭和62年4月に設立されたパチンコ経営業者。千葉県東総地区、茨城県南地区にて多店舗展開を進め、ピーク時の平成16年6月期には年商約199億7900万円を計上、当地区ではトップクラスの売上実績を有していた。

 県内には本店同所の「ハッピーランド旭店」のほか、「ハッピーランド八日市場店」、「プリンス光店」、郊外型大型店である「ハッピーランド東金店」の4店舗、茨城県には「ハッピーランド神栖」の1店舗の合計5店舗を構えていた。

 しかし、近年、大手同業者の参入に伴い競合が激化。既存店舗の集客力を維持するため、建て替えを含めた大規模リニューアルや新店舗の出店による先行投資を行ってきたことで借入金が増加。また、店舗改装に伴う固定資産除却損や遊戯機械の廃棄損などの特別損失も計上し、収益力も低下していた。そのため、借入金の返済負担が重荷となり、経営を圧迫していた。

 なお、現在も通常通り営業中である。

 

記事の取扱いについて


TSR商品販売サイト

  • TSR ONLINE SHOP:出版物・マーケティングレポート等のオンラインショッピングサイト

TSR関連おすすめサービス

  • エラベル:TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト
  • TSR express:TSR情報誌をご購読のお客様に無料でお届けする倒産情報配信・検索サービス
  • 東日本大震災関連記事

TSRのソーシャルネットサービス(SNS)

  • 東京商工リサーチtwitter公式アカウント
  • 東京商工リサーチ公式facebookページ