企業情報、信用調査など与信管理をサポートする東京商工リサーチ

(株)三貴、信用調査、与信管理、倒産情報は東京商工リサーチ。

メルマガ会員・セミナー会員募集
 

公開日:2009.01.21

負債総額が原則30億円以上の倒産企業および信用変動企業を掲載。

(株)三貴 [東京] 宝石・貴金属販売

民事再生開始申立 / 負債総額 約117億円

 (株)三貴(千代田区神田神保町3−29−1、登記上:文京区向丘1−16−24、設立平成9年12月、資本金9000万円、木村和巨社長、従業員750名)は1月21日、東京地裁に民事再生手続開始を申し立てた。

 申立代理人は金森仁弁護士(千代田区永田町2−14−2、山王法律事務所、電話03−3581−9491)ほか。

 負債は約117億円。

 

 三貴は昭和44年に「銀座ジュエリーマキ」第一号店を大井町(東京)にオープンしたのを発祥としている。その後、宝飾貴金属の店舗を全国に展開。「ジュエリーマキ」「じゅわいよ・くちゅーるマキ」等の店名でピーク時には全国1200店舗(現在は190店舗)、従業員約6000名を抱え、平成7年2月期には年商約1853億円を計上。宝石貴金属の小売業者としては国内トップクラスの業容と知名度を誇っていた。

 しかし、多店舗展開に伴いバブル経済崩壊後には借入金が1664億円(平成9年当時)にまで脹らみ、うち金融債務の一部が整理回収機構に引き継がれていた。このため、13年3月には営業権を新会社(株)三貴に譲渡(旧会社は商号変更した後、平成14年10月特別清算)し、事業の再構築を行っていた。営業譲渡後の三貴は平成14年2月期に年商約289億円を計上していたが、その後の消費の冷え込みなどから売上減少に歯止めがかからず、直近の20年8月期は年商約205億3100万円まで落ち込んでいた。

 更に、リーマンショック以降は売上低下に拍車がかかり、経営を圧迫していた。

 

記事の取扱いについて


TSR商品販売サイト

  • TSR ONLINE SHOP:出版物・マーケティングレポート等のオンラインショッピングサイト

TSR関連おすすめサービス

  • エラベル:TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト
  • TSR express:TSR情報誌をご購読のお客様に無料でお届けする倒産情報配信・検索サービス
  • 東日本大震災関連記事

TSRのソーシャルネットサービス(SNS)

  • 東京商工リサーチtwitter公式アカウント
  • 東京商工リサーチ公式facebookページ