企業情報、信用調査など与信管理をサポートする東京商工リサーチ

栄泉不動産(株)、信用調査、与信管理、倒産情報は東京商工リサーチ。

メルマガ会員・セミナー会員募集
 

公開日:2009.01.29

負債総額が原則30億円以上の倒産企業および信用変動企業を掲載。

栄泉不動産(株) [大阪] マンション分譲、不動産売買

民事再生開始申立 / 負債総額 約580億円

 栄泉不動産(株)(大阪市中央区高麗橋4−1−1、設立昭和28年8月、資本金10億円、元原幹夫社長、従業員102名)は1月29日、大阪地裁に民事再生手続開始を申し立てた。

 申立代理人は野上昌樹弁護士(大阪市北区堂島1−1−5、弁護士法人大江橋法律事務所、電話06−6341−7432)。

 負債は約580億円。

 

栄泉不動産は、「ロイヤルアークマンション」の名称で知名度の高い分譲マンション業者。(株)住友生命ビルディングとして発足し不動産事業を展開、ピーク時の平成5年1月期には年商645億8436万円を計上していた。

 18年3月には、モルガンスタンレーグループが運営する不動産投資ファンドが発行済株式の95%の株式を取得したことで、同グループの傘下に入った。不動産分譲以外の事業の柱として、収益物件取得及び用地開発型の不動産ソリューション事業へ取り組んでいたが、建築基準法の改正やサブプライムローン問題に端を発する不動産市況の悪化により、業績は伸び悩み、20年1月期の年商は240億2280万円に留まっていた。

 今期に入っても市況は改善せず、保有物件の売却を進めるとともにマンション及び戸建不動産販売事業へと主軸を移してきたが、金融環境の悪化などに伴い資金繰りは悪化。更に、21年1月期の決算で多額の不動産評価損の計上を迫られ、債務超過には至らないものの財務内容が悪化することが確実となった。このため株主への支援要請(メインバンクが存在しない)を行ったが実らず、このままでは資金繰りが逼迫することから、今回の措置となった。

 

 

記事の取扱いについて


TSR商品販売サイト

  • TSR ONLINE SHOP:出版物・マーケティングレポート等のオンラインショッピングサイト

TSR関連おすすめサービス

  • エラベル:TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト
  • TSR express:TSR情報誌をご購読のお客様に無料でお届けする倒産情報配信・検索サービス
  • 東日本大震災関連記事

TSRのソーシャルネットサービス(SNS)

  • 東京商工リサーチtwitter公式アカウント
  • 東京商工リサーチ公式facebookページ