企業情報、信用調査など与信管理をサポートする東京商工リサーチ

美少年酒造(株)、信用調査、与信管理、倒産情報は東京商工リサーチ。

メルマガ会員・セミナー会員募集
 

公開日:2009.04.17

負債総額が原則30億円以上の倒産企業および信用変動企業を掲載。

美少年酒造(株) [熊本] 清酒製造

民事再生開始申立 / 負債総額 19億931万円

〜不透明な利益供与で信用失墜〜

 美少年酒造(株)(熊本県城南町隈庄401、設立大正9年6月、資本金6000万円、緒方直明社長、従業員54名)は、4月16日熊本地裁に民事再生手続き開始を申し立て、17日監督命令を受けた。

 申立代理人は由井照二弁護士(熊本市黒髪3−12−4、由井法律事務所、電話096−343−0585)

 監督委員は建部明弁護士(熊本市清水亀井町16−11、建部法律事務所、電話096−343−6845)。

負債総額は19億931万円。

 

美少年酒造は明治12年創業、大正12年6月に法人化した「清酒美少年」で知られる熊本県下トップの日本酒メーカー。県下清酒総生産量の約半分を占め、ピークの平成8年9月期には25億3100万円の売上高をあげていた。

 しかし、ビール・焼酎のほか、ワイン等の低アルコールドリンクへの人気集中などから徐々に日本酒の需要が減少。16年9月期まで8期連続の減収など慢性的な売上不振が続き、20年9月期は13億円台にまで売上高が落ち込んでいた。収益も関連会社に関わる不良債権処理や出資金償却等に追われ、多額の損失を計上。19年9月期には関係会社の整理・不良債権処理などで4億5062万円の赤字を計上し、債務超過に転落していた。

 年商以上の借入金を抱え、金融機関に借入返済条件の緩和を要請、再生に取り組んでいたところに、20年9月事故米流通報道で(株)三笠フーズ(大阪府、20年11月21日破産)から原料米を仕入れていたことで商品出荷停止を余儀なくされ、経営を圧迫していた。

 その後、政府による救済補償が決定し、再建に向け動き出していたが、ここにきて過去30年にわたり三笠フーズの関連企業から原料米差し替え操作による不明瞭な利益供与を受けていた事が発覚、対外信用が失墜していた。

記事の取扱いについて


TSR商品販売サイト

  • TSR ONLINE SHOP:出版物・マーケティングレポート等のオンラインショッピングサイト

TSR関連おすすめサービス

  • エラベル:TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト
  • TSR express:TSR情報誌をご購読のお客様に無料でお届けする倒産情報配信・検索サービス
  • 東日本大震災関連記事

TSRのソーシャルネットサービス(SNS)

  • 東京商工リサーチtwitter公式アカウント
  • 東京商工リサーチ公式facebookページ