企業情報、信用調査など与信管理をサポートする東京商工リサーチ

(株)SFCG、信用調査、与信管理、倒産情報は東京商工リサーチ。

メルマガ会員・セミナー会員募集
 

公開日:2009.04.21

負債総額が原則30億円以上の倒産企業および信用変動企業を掲載。

(株)SFCG [東京] 事業者向け貸金業

破産手続開始決定 / 負債総額 約5500億円

 (株)SFCG(中央区日本橋室町3−2−15、資本金791億4915万円、小笠原充社長)は4月21日、破産手続開始決定を受けた。既に3月24日に東京地裁より民事再生手続廃止決定を受けていた。

 破産管財人は瀬戸英雄弁護士(千代田区九段北4−1−3、LM法律事務所、電話03−3239−3100)。

 負債は約5500億円(過払い金債務約2100億円を含む)。

 

SFCGは昭和53年、大島健伸氏が商業手形の割引を目的に(株)商工ファンドとして設立。その後、貸金事業全般に事業を拡大し、中小企業向け融資ではトップクラスの実績を誇り、子会社67社、関連会社4社(20年7月末現在)を抱え、20年7月期は年商(連結)1364億100万円(単体では839億8900万円)を計上していた。

 しかし、18年12月の貸金業法改正などにより、過払金返還請求の増加に伴う多額の資金流出および引当金の計上などで、資金需要が増加。更に、サブプライムローン問題を発端とした金融危機により資金調達が困難となったことから、自主再建を断念し、2月23日に東京地裁へ民事再生手続開始を申し立てていた。

 ところがその後、複数の金融機関に債権を二重に売却していたことが発覚。今後、再建の見込みがないとの判断から、再生手続廃止決定を受けていた。

 債権届出期間は7月21日まで、債権者集会は10月28日開催予定。

 

記事の取扱いについて


TSR商品販売サイト

  • TSR ONLINE SHOP:出版物・マーケティングレポート等のオンラインショッピングサイト

TSR関連おすすめサービス

  • エラベル:TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト
  • TSR express:TSR情報誌をご購読のお客様に無料でお届けする倒産情報配信・検索サービス
  • 東日本大震災関連記事

TSRのソーシャルネットサービス(SNS)

  • 東京商工リサーチtwitter公式アカウント
  • 東京商工リサーチ公式facebookページ