企業情報、信用調査など与信管理をサポートする東京商工リサーチ

鈴木木材工業(株)ほか2社、信用調査、与信管理、倒産情報は東京商工リサーチ。

メルマガ会員・セミナー会員募集
 

公開日:2009.04.30

負債総額が原則30億円以上の倒産企業および信用変動企業を掲載。

鈴木木材工業(株)ほか2社 [長崎] 木材・新建材販売・プレカット

民事再生開始申立 / 3社の負債総額 81億4907万円

〜系列2社も同時に〜

 鈴木木材工業(株)(長崎県佐世保市沖新町2−18、設立昭和25年10月、資本金4000万円、鈴木崇彦社長)と系列の(株)諫早木材市場(長崎県諌早市貝津町988、設立昭和35年5月、同社長)、伊万里外材(株)(佐賀県伊万里市山代町久原3798−3、設立昭和41年7月、同社長)は4月29日、東京地裁に民事再生手続開始を申し立てた。

 申立代理人は大貫裕仁弁護士(東京都港区赤坂1−12−32、西村あさひ法律事務所、電話03−5562—8500)ほか11名。

 監督委員は上田智司弁護士(東京都千代田区九段北4−1−5、上田法律事務所、電話03−3222−0776)が選任された。

 負債総額は鈴木木材工業が40億856万円、諫早木材市場が25億3905万円、伊万里外材が16億146万円で3社の合計81億4907万円。

 鈴木木材工業単体の負債額としては、長崎県では今年に入り佐世保市のオリエンタル興産(株)(破産・負債総額66億5000万円)に次いで2番目。

 5月7日午後2時よりアルカスSASEBO(佐世保市)で債権者集会を開催する予定。

 

鈴木木材工業は、昭和21年4月に創業した木材・新建材の販売業者。他に佐賀県、長崎県諌早市、福岡県にプレカット工場を置き、木材のプレカットも手掛け、平成20年9月期の売上は61億6811万円をあげていた。

 また系列の(株)諫早木材市場は、昭和35年5月に設立、木材の販売などを手掛け20年5月期の売上は34億1207万円。伊万里外材(株)は、昭和41年7月に設立され、木材のプレカット加工や原木の輸入販売などを手掛け20年7月期の売上は16億3508万円をあげていた。

 グループで、プレカット工場などを新設し、事業拡大を図ってきたが、過大な設備投資により借入が増加していった半面、住宅の着工件数の減少などで売上が減少、資金繰りが悪化し法的手続きにより再建を目指すこととなった。

記事の取扱いについて


TSR商品販売サイト

  • TSR ONLINE SHOP:出版物・マーケティングレポート等のオンラインショッピングサイト

TSR関連おすすめサービス

  • エラベル:TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト
  • TSR express:TSR情報誌をご購読のお客様に無料でお届けする倒産情報配信・検索サービス
  • 東日本大震災関連記事

TSRのソーシャルネットサービス(SNS)

  • 東京商工リサーチtwitter公式アカウント
  • 東京商工リサーチ公式facebookページ