企業情報、信用調査など与信管理をサポートする東京商工リサーチ

(株)Sea Capital、信用調査、与信管理、倒産情報は東京商工リサーチ。

メルマガ会員・セミナー会員募集
 

公開日:2009.06.11

負債総額が原則30億円以上の倒産企業および信用変動企業を掲載。

(株)Sea Capital [東京] 不動産投資業

会社更生開始申立 / 負債総額 155億2753万円

~DIP型会社更生~

 (株)Sea Capital(千代田区神田西福田町3-5、設立平成14年7月、資本金1億400万円、谷口雅之社長、従業員40名)は6月9日、東京地裁に会社更生手続開始を申し立てた。

 申立代理人は渡邊顯弁護士ほか(港区虎ノ門4-3-1、成和明哲法律事務所、電話03-5405-4080)。

 監督委員には小林伸明弁護士(千代田区麹町1-6-9、小林総合法律事務所、電話03-3238-8515)が選任された。

 負債は155億2753万円。

 

Sea Capitalは平成14年7月、ジャスダック上場で分譲マンション業者の(株)セイクレスト(大阪市中央区、17年3月資本関係解消)が中心となって出資し、オフィスビルなどの再開発事業を目的として設立された。他社が運用している不動産投資ファンドに対する再開発物件の販売が事業の中心であり、最近では開発案件の大型化に加え、派生事業(アセットマネジメント、トランクルーム、飲食店経営など)の扱いも増え、20年3月期の年商は211億円に達していた。

 しかし、急速な事業拡大に伴う経費負担の増加で損益面は低調に推移し、財務面は余裕を欠いていた。そうしたなか、急激な不動産市況の悪化を背景とした不動産ファンドの撤退などに伴い、21年3月期の年商は31億9600万円と大幅な下落を余儀なくされ、資金繰りは多忙化。この間、本社移転など経費削減に努めてきたが、金融機関における融資姿勢の変化などにより、新たな資金調達も困難となったため、自主再建を断念。DIP型による会社更生の申し立てとなった。

記事の取扱いについて


TSR商品販売サイト

  • TSR ONLINE SHOP:出版物・マーケティングレポート等のオンラインショッピングサイト

TSR関連おすすめサービス

  • エラベル:TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト
  • TSR express:TSR情報誌をご購読のお客様に無料でお届けする倒産情報配信・検索サービス
  • 東日本大震災関連記事

TSRのソーシャルネットサービス(SNS)

  • 東京商工リサーチtwitter公式アカウント
  • 東京商工リサーチ公式facebookページ