企業情報、信用調査など与信管理をサポートする東京商工リサーチ

十勝モーターパーク(株)、信用調査、与信管理、倒産情報は東京商工リサーチ。

メルマガ会員・セミナー会員募集
 

公開日:2009.08.31

負債総額が原則30億円以上の倒産企業および信用変動企業を掲載。

十勝モーターパーク(株) [北海道] 不動産賃貸業

破産手続開始決定 / 負債総額 約105億円

 十勝モーターパーク(株)(河西郡更別村弘和477、設立平成1年10月、資本金4億円、植村高志社長、従業員1名)は8月31日、釧路地裁帯広支部に破産手続開始を申し立て、同日開始決定を受けた。破産管財人は松浦護弁護士(帯広市東8条南8丁目13、電話0155-22-4466)。

 負債総額は約105億円。

 

十勝モーターパークはサーキット場運営会社として設立。帯広建設業協会会員などが中心となり地域活性化の一環としてサーキット施設建設を計画し平成3年6月に着工したが、財源となる会員権販売は目標の100億円に対し約10億円と低迷、銀行団は追加融資に難色を示し建設工事中断を余儀なくされた。4年7月工事請負業者31社が各行から個別に融資を受けるかたちで工事を再開し、4年10月「十勝インターナショナルスピードウエイ(TIS)」と称しオープン、N1耐久ラウンドシリーズや全日本ツーリングカー選手権など全日本選手権開催が相次ぎ、ピークの平成5年12月期売上高は2億4767万円を計上した。しかし、その後は赤字運営が続きレース大会運営は難しくなり7年2月、インターランド(株)を設立しレース運営は同社へ移行、当社は不動産賃貸業のみの稼動となった。

 7年12月期以降の売上高は賃貸収入の1200万円だけとなり、「十勝24時間レース」「全日本ママチャリ12時間耐久レース」などが開催されてきたが、当初から賃貸料は未回収となっていた。一方、収益面は工事事業者に対する支払利息や固定資産税などの負担から、慢性的な赤字続きで債務超過に陥り、更別村への固定資産税滞納金3億1000万円、延滞利息3億6000万円を抱えるなど厳しい運営を強いられていた。

 こうしたなか、国内大手自動車関連企業1社とのTIS無償譲渡交渉を続けてきたが交渉は決裂、21年3月に取締役会は株主総会において会社を整理する方針の承認を受け調査を開始、同年8月取締役会で破産手続開始申立が決議され今度の措置に至った。

 財産状況報告集会期日は12月3日午後2時開催予定。

 

記事の取扱いについて


TSR商品販売サイト

  • TSR ONLINE SHOP:出版物・マーケティングレポート等のオンラインショッピングサイト

TSR関連おすすめサービス

  • エラベル:TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト
  • TSR express:TSR情報誌をご購読のお客様に無料でお届けする倒産情報配信・検索サービス
  • 東日本大震災関連記事

TSRのソーシャルネットサービス(SNS)

  • 東京商工リサーチtwitter公式アカウント
  • 東京商工リサーチ公式facebookページ