企業情報、信用調査など与信管理をサポートする東京商工リサーチ

(株)エス・ケイ、信用調査、与信管理、倒産情報は東京商工リサーチ。

メルマガ会員・セミナー会員募集
 

公開日:2010.01.06

負債総額が原則30億円以上の倒産企業および信用変動企業を掲載。

(株)エス・ケイ [東京] 印刷業

破産手続開始決定 / 負債総額 約22億円

  (株)エス・ケイ(台東区池之端2-1-39、設立昭和44年8月、資本金2億円、水野和泉社長、従業員88名)は1月5日、東京地裁に破産手続開始を申し立て、1月6日、破産手続開始決定を受けた。

 破産管財人は大澤加奈子弁護士(千代田区丸の内2-4-1、梶谷綜合法律事務所、電話03-3212-1451)が選任された。

 負債総額は債権者255名に対し約22億円。

 。

エス・ケイは昭和27年5月に日刊新聞「生産経済新聞」の発行を目的に創業、日刊新聞の発行は昭和37年に休刊し以後、新聞印刷中心に転向した。大手、業界新聞などの外注印刷で実績を有し、特にタブロイド版業界新聞の印刷受注ではトップクラスだった。選挙広報用ポスターやスーパー、旅行会社関係のパンフレットの印刷などにも事業領域を広げ関連会社とともにエスケイグループとして総合印刷業を展開、平成19年3月期には年商34億円をあげていた。

 しかし、近年は大口得意先からの受注減に伴い減収傾向にあり、平成21年3月期には年商23億4200万円に減少、競合激化から収益も僅少にとどまっていた。この間、各種リストラを進めていたものの、事業環境は好転せず不良債権の発生などもあり資金繰りが悪化、金融機関からの支援も見込めず11月に資金ショートをおこした。

 その後、昨年12月に取引先に債務整理を行う旨を通知。営業を継続しながら不動産売却や事業規模の縮小で建て直しを図る意向だったが、得意先の撤退なども拡がり信用性も低下。資金繰りがつかず1月4日に再度の資金ショートをおこし事業継続を断念した。

 なお、関連会社の(株)デイ・エス(同所、設立昭和38年4月、資本金1億円、同社長、従業員39名)も1月5日付けで事業を停止している

記事の取扱いについて


TSR商品販売サイト

  • TSR ONLINE SHOP:出版物・マーケティングレポート等のオンラインショッピングサイト

TSR関連おすすめサービス

  • エラベル:TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト
  • TSR express:TSR情報誌をご購読のお客様に無料でお届けする倒産情報配信・検索サービス
  • 東日本大震災関連記事

TSRのソーシャルネットサービス(SNS)

  • 東京商工リサーチtwitter公式アカウント
  • 東京商工リサーチ公式facebookページ