企業情報、信用調査など与信管理をサポートする東京商工リサーチ

全国105万社、社長が住む街調査<br>社長の居住地トップは、「田園調布」と「成城」、信用調査、与信管理、倒産情報は東京商工リサーチ。

公開日:2003.12.12

全国105万社、社長が住む街調査
社長の居住地トップは、「田園調布」と「成城」

 社長の住む街のトップは、「田園調布」と「成城」が占めた。しかし上位に高級住宅地が並ぶなかで、効率重視の「職住近接」型も増加している。

 

 

 本調査は、東京商工リサーチの企業データベース「経営者情報」から、同一社長が経営する会社を除いた105万9,122社(個人企業を含む)を対象に、社長の居住地を抽出しランキングにまとめた。なお社長居住地の最小単位は「町」ベースで、「丁目」の区別はしていない。調査時点は2003年11月13日。

 

 ◎社長が多く住む街のトップは、「田園調布」と「成城」

 全国105万9,122社の中で社長が多く住む街のトップは、東京都の「大田区田園調布」と「世田谷区成城」の532人となった。

 「大田区田園調布」は、明治の大実業家、渋沢栄一が提唱した田園都市計画に基づいて、1918年(大正7年)に、日本で初めて計画的に作られた街。駅を中心に放射状に広がる街並みは日本の高級住宅地の代名詞である。

 

 「世田谷区成城」は、1925年(大正14年)に成城学園が移転してきて以来、学園都市として発展した。民俗学者の柳田圀男らも参加したという街づくりは、多くの緑を残し高級住宅地のイメージを醸し出している。

 

 次に3位は、東京都「練馬区大泉学園町」の495人。1891年(明治24年)に3つの村が合併し大泉村として誕生。関東大震災直後に箱根土地という会社が、東京商科大学(現一橋大学)を誘致しての一大学園都市開発を計画した。しかし碁盤の目のように街が整備されたものの誘致話は流れ、先行投資した地区名が残った。

 

 

 

◎「職住近接」の「江東区亀戸」が5位

 ベストテンのうち、7つを東京都内が占めた。有名住宅地が並ぶなかで、5位には「江東区亀戸」(454人)がランクインした。学問の神様・亀戸天神で親しまれる亀戸は、住宅・町工場・商店が混在した地区で、「職住近接」の中小企業社長が多い。

 このほか6位には、茨城県鹿島港を中核とした臨海工業地帯・鹿島コンビナートに面した茨城県「鹿島郡神栖町」(451人)がランクインした、石油化学コンビナート関連の下請企業など関係者が多い。

 また8位には、山梨県「中巨摩郡竜王町」(443人)が入った。甲府盆地の北西部に位置し、県庁所在地の甲府市に隣接する利便性の良さもあって、宅地化が進み人口が急増している。2004年9月には町村合併で「甲斐市」として市制施行される予定。

 

 

 

◎市区郡別、東京都世田谷区が1万422人でトップ

  さらに範囲を広げて市区郡別でみると、最多は東京都世田谷区の1万422人。次に東京都大田区7,619人、静岡県静岡市7,208人、岡山県岡山市6,920人、東京都練馬区6,274人、静岡県浜松市5,658人、東京都杉並区5,589人の順となった。

 

 

 

◎県庁所在地以外の地方都市別、浜松市5,658人でトップ

  市区郡別で東京都内だけをみると、世田谷区、大田区、練馬区、杉並区に続いて、江戸川区4,951人、足立区4,862人、港区4,190人、板橋区4,092人、渋谷区3,902人、新宿区3,666人の順となった。

 

 また県庁所在地(東京都を除く)において、社長居住地として多かったのは、静岡市、岡山市に続いて、熊本市の5,453人、新潟市5,120人、金沢市4,684人、鹿児島市4,560人、大分市4,528人、岐阜市4,418人、宇都宮市4,128人の順。

 

 さらに県庁所在地以外の地方都市で社長居住地として多かったのは、静岡県浜松市に続いて、大阪府堺市5,565人、広島県福山市4,759人、兵庫県西宮市4,382人、埼玉県川口市4,314人、兵庫県姫路市4,269人、千葉県船橋市4,086人、千葉県市川市4,076人の順。

 

 

 

◎2002年度高額納税者の申告地、最多は東京都「港区赤坂」

 参考資料として、2002年度の高額納税者(納税額1千万以上)7万5,350人を対象とした、高額納税者の申告地調査では、東京都「港区赤坂」が最多の332人。次も東京都が続き、「港区南麻布」323人、「港区南青山」300人、「渋谷区広尾」267人、「大田区田園調布」255人の順。

 範囲を広げた市区郡別では、東京都「世田谷区」が2,724人でトップ、次に東京都「港区」2,578人、「渋谷区」1,749人と続く。東京都以外では、西宮市597人、横浜市青葉区575人、静岡市483人、豊中市449人、堺市419人、浜松市405人の順。

 

 

 

◎まとめ

 

 

本調査は1994年(対象52万社)にも実施したが、当時は社長居住地の集中が大都市に比べて地方都市では少なかった。しかし今回調査では、地方都市でも特定地域への集中が目立つ。

 これは2003年の公示地価が全国平均で12年連続下落し、またすべての都道府県で住宅地、商業地ともに下落するなど、この下げ止まらない地価下落の影響が社長居住地の「職住近接」型の増加、および地方都市における特定地域への集中を促進したとみられる。

 

◎ 社長が多く住む街(町ベース)
                (人)
===================
1.東京都大田区田園調布    532
1.東京都世田谷区成城     532
3.東京都練馬区大泉学園町   495
4.東京都港区南青山      482
5.東京都江東区亀戸      454
6.茨城県鹿島郡神栖町     451
7.東京都世田谷区奥沢     447
8.山梨県中巨摩郡竜王町    443
9.広島県安芸郡府中町     428
9.東京都江東区大島      428
===================



◎ 社長が多く住む街(市区郡ベース)
                (人)
===================
 1.東京都世田谷区     10,422
 2.東京都大田区      7,619
 3.静岡県静岡市      7,208
 4.岡山県岡山市      6,920
 5.東京都練馬区      6,274
 6.静岡県浜松市      5,658
 7.東京都杉並区      5,589
 8.大阪府堺市       5,565
 9.熊本県熊本市      5,453
10.新潟県新潟市      5,120
===================

 

 


禁・転載・複写

お問合せ先
株式会社東京商工リサーチ 経済研究室/TEL:03-6910-3157
または最寄りのTSR支社店へお問い合わせください

TSR商品販売サイト

  • TSR ONLINE SHOP:出版物・マーケティングレポート等のオンラインショッピングサイト

TSR関連おすすめサービス

  • エラベル:TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト
  • TSR express:TSR情報誌をご購読のお客様に無料でお届けする倒産情報配信・検索サービス
  • 東日本大震災関連記事

TSRのソーシャルネットサービス(SNS)

  • 東京商工リサーチtwitter公式アカウント
  • 東京商工リサーチ公式facebookページ