法人番号制度とは?

法人番号とは、マイナンバー制度の一環としてすべての法人に1つだけ付番される13桁の永久番号です。法人番号は、個人番号(マイナンバー)と異なり、国税庁のHPから誰でも自由に取得することができ、民間企業が利便性向上のために活用することが可能です。 ただし、国税庁から公表される企業情報は法人番号・所在地・商号の「基本3情報」のみに留まるため、そのままでは名寄せや顧客分析が困難です。そこで、法人番号に詳細な企業情報を組み合わせて運用し、法人番号の導入効果を最大化しましょう!

法人番号の有効活用は、TSRにお任せください!

① 詳細な企業情報を付加します!

TSR企業情報を付加することで、売上高・利益・業種・代表者情報などの詳細な企業属性がわかり、与信管理やマーケティングの高度化に活用できます!

詳細な企業情報を付加します!

② 高度なマッチング技術

法人番号を入手しても、自社で顧客データを名寄せするのは大変です!TSRは高度なマッチング技術を用い、法人番号と顧客データを正確に集約することができます。

高度なマッチング技術

③ 海外取引先や事業所単位でも集約!

法人番号が付与されない海外取引先や、支店・工場などの事業所も、TSRの提供する企業コード、D-U-N-S® Numberを活用すれば一元的に管理ができます!

海外取引先や事業所単位でも集約!

法人番号の具体的な活用法!

マスターデータ管理

マスターデータ管理

法人番号をキーとした企業データを、各種システムで汎用的に活用するマスターデータとして取り込むことができます。

簡易調査・審査の効率化

簡易調査・審査の効率化

法人3情報(法人番号・商号・住所)をチェックし、法的実在の確認に使用します。

営業ターゲットリスト

営業ターゲットリスト

新設法人リスト作成することができ、営業ターゲットリストとして活用できます。

調達先集約

調達先集約

法人番号をキーに各部署・グループ企業の調達先を把握できれば、集中購買を行うことで調達コストを削減することができます。