株式会社東京商工リサーチ
45/52

©2017 TOKYO SHOKO RESEARCH,LTD. All rights reserved.201701企業情報プロファイリングとは?企業情報プロファイリングとは?ABPの活用シーン料金体系分析項目:25項目※データ提供項目とデータ提供件数によって変動します。ターゲットリストの攻める先を数値化!ABPによって抽出されたターゲットリストは、企業ごとに見込み度がスコアリングされています。スコアの高い企業からアプローチを行えるため優先順位が明確になり、営業効率を大きく向上させます。■新市場へのスムーズな進出を実現!「新商品の拡販を行いたいものの、販売実績が少なく、どの企業からアプローチすればいいかわからない…」といった場合にも、その市場ですでにビジネスを行っている企業の販売先の特徴を分析するため、裏付けのあるターゲットリストを作成できます。■同業の販売先の特徴や傾向を分析!多くの同業他社が存在する場合、それらの企業がどのような特徴の企業と取引をしているのかの傾向を分析できます。■自社の顧客データの整備や分析は不要!自社のルールにより取引先情報を第三者(TSR)へ提供できず、「企業情報プロファイリング」が実施できない場合にも、確度の高いターゲットリストを作成することが可能です。■売上高利益本社所在地業種資本金仕入先・販売先従業員数代表者情報提供項目1分析3万円ABP企業情報プロファイリングレポートと同様の形式で、指定された業種と売上規模から分析した約40ページにわたる詳細なレポートなど各種ターゲットリストの企業データ料金※TSRが所有する日本国内全ての企業データと自社の優良顧客群を統計的手法を用いて比較し、下記25項目の分析項目から売れる確度の高い企業の特徴を分析するサービスです。ABPは指定した業種と売上規模だけで分析できますが、企業情報プロファイリングは分析前に自社の優良顧客リストをTSRへご提供いただきます。その分、自社の優良顧客ベースでの分析が可能となり、より高い精度で売れる顧客の特徴を把握することが可能です。既に数百社の企業と取引がある商材の場合は、企業情報プロファイリングによる分析がおすすめです。法人格上場区分主業種本社所在地業歴従業員数資本金売上高売上伸長率人月当り売上利益利益伸長率人月当り利益工場数事業所数評点リスクスコア(倒産確率)主要取引銀行仕入先数販売先数社長の性別年齢輸出入区分親会社国籍FamilyTree(企業系列)数企業体系区分

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 45

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です