TSR REPORT
38/48

売上拡大に向けた企業情報と統計的手法の活用「企業情報から最大付加価値を引き出すためのアプローチ」統計的手法と企業情報を活用することにより、確度の高い顧客を特定し、売上拡大を実現します。マーケティング・アナリティクス・ソリューション導入により、売上拡大・営業コストの最適配分に加え、営業・マーケティング戦略の見直し、情報資源の有効活用が実現されます。マーケティング・アナリティクス・ソリューション導入の主な効果として、売上拡大、営業コスト削減が挙げられます。加えて、市場の分析による営業戦略の見直し、営業活動の結果を統計モデルに反映させることによる営業のプロセスの効率性向上などが期待できます。マーケティング・アナリティクス・ソリューション導入効果● 確度の高い顧客にアプローチすることによる売上拡大● 営業リソースを確度の高い顧客に集中することによる営業コストの最適配分売上拡大、営業コストの最適配分● 既存顧客を含めた、ターゲット顧客の明確化● 営業活動の結果をモデルに反映することによる営業プロセスの改善営業、マーケティング戦略の見直し● 企業情報により統合された顧客情報を有効活用● セミナー、キャンペーン等で収集された顧客リストから新たな顧客を発掘顧客情報等、情報資源の有効活用既存顧客の中から優良顧客を定義する優良顧客のプロファイルを分析その結果を150万社を超える日本企業の膨大なデータベースに当てはめることにより、優良顧客に似ている顧客、つまり確度の高い見込顧客を特定(企業情報プロファイリング・マーケティングスコア)マーケティング・アナリティクス・ソリューション全企業情報確度の高い顧客(見込)優良顧客(既存)担当者が行きたい顧客ではなく、最も売れる顧客へと営業リソースを最適配分

元のページ  ../index.html#38

このブックを見る