株式会社東京商工リサーチ
31/52

ポートフォリオマネージャには、種類の分析画面があります。それぞれの表は、■201609の予測スコア別にポートフォリオの債権額分布を確認できます。また、「債権残高バンド別×リスクバンド別」の債権額分布やポートフォリオ全体の件数集計なども確認できます。 ■サマリー画面ポートフォリオを様々な角度で分類し、企業数、債権残高、平均倒産スコアの分布を表示します。(事業規模別、企業年齢別、設立形態別、所在エリア別、倒産スコア別)レッジャー(台帳)を切り替えることで、特定のビジネスユニットごとに同様の債権分析をすることができます。(例:米国企業に対する債権分布、特定部署の顧客に対する債権分布など) カテゴリー分類画面つのヒストグラムからポートフォリオの滞留債権のトレンドを視覚的に読み取ることができます。 理想引当金をもとにした全体リスクの把握が可能になります。 債権年齢と倒産リスクを掛け合わせることで回収可能な債権を可視化し、回収戦略立案とその効果測定を可能にします。 ■債権年齢分布画面■グループ企業画面本社 〒100-6810 東京都千代田区大手町1-3-1(JAビル)TEL:03-6910-3111(代) FAX:03-5221-0700http://www.tsr-net.co.jpクロスボーダーのリスク管理■■モニタリング機能■必要な条件を設定して、月次・日次の管理が可能です。設定企業に変動があった際、アラートメールが送信されます。掘り下げることができます。■Supplier Portfolio Manager の主な特徴世界中の企業をリスクスコア(倒産確率)またはD&B格付により5段階にレンジ分け、さらにサプライヤータイプ別、支出額別などの分布も表示することでリスク管理に大きく役立ちます。Portfolio Manager の主な特徴ドリルダウンで個々の企業の情報にまで■主な提供項目 (PM/SPM)●(:倒産指標)●リスク格付(~段階までカスタマイズ可能)●ファミリーツリーリンケージ(グループ企業の樹形図)●アラートメール(カスタマイズ可能)●債権支出額別リスク分布アラート機能■月次もしくは日次のアラートを設定できます。どのような種類のアラートが配信されるかを、「アラートトリガー」の設定によりカスタマイズすることができます。(例:最低リスクのバンドに移動した企業、D&B倒産スコアが15以上変化した企業、債権残高が10%以上増加した企業など)メールによる通知も可能です。変化の詳細はアラート画面で確認することができます。©2016 TOKYO SHOKO RESEARCH,LTD. All rights reserved.      とファミリー・ツリー・リンケージの機能により、企業グループ(系列)に対する債権を分析します。 業種別の債権残高の分析のほか、債権残高の上位企業グループ、予測損失額の上位企業グループを表示します。 リスクの把握だけでなく、そのグループに対する取引の拡大戦略も描くことができます。---®umber

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 31

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です