株式会社東京商工リサーチ
30/52

世界中の企業を、ポートフォリオマネージャおよびサプライヤーポートフォリオマネージャで、()統一したリスク指標に基づいて管理することができます。()日次・月次のモニタリングができます。活用例■複数のビジネスユニットにおける管理全社だけでなく、部署単位、地域単位、あるいは子会社の単位でのポートフォリオ管理が可能■クロスボーダーのリスク管理世界中の企業に対するリスクを統一フォーマットで分析可能■戦略立案業種別、エリア別、企業年齢別、設立形態別などの分析レポートをベースに実践的な戦略立案が可能 ■グループ企業企業グループに対する債権/債務や支出ポジションを可視化顧客マスター基幹システム入力更新リスク分析(部門別、エリア別、グループ別・・・)モニタリングSupplier Portfolio ManagerPM/SPM■モニタリングリスクバンドやD&B倒産スコアなど、さまざまな条件に基づくモニタリングが可能(PM)(SPM)Portfolio Manager

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 30

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です