株式会社東京商工リサーチ
3/52

資金状況では、調査対象企業の営業活動や設備投資により発生する資金需要に対する対応状況を「資金状況」、「金融取引状況」に分けて記述しています。また営業現況では「営業現況」、「企業特性」、「業績説明」、「将来性」に分けて記述しています。複数の項目に分けることで、各項目の関係性やその企業の見るべきポイントを絞り込むことができ、項目ごとの継続的な管理も容易となります。項目別に詳しく記述大幅なレイアウト変更により項目が見やすくなりました。サマリーページには評点推移のほか、主要財務指標の推移をグラフ形式で掲載しており、リスクの推移や傾向を直感的に把握することが可能です。推移や傾向を直感的に把握資金状況・営業現況4見やすいレイアウトと図表5マトリクス表示による与信管理の強化3評点とリスクスコアのポジションTSR REPORTでは、評点を縦軸、リスクスコアを横軸としたマトリクスの中で、調査対象企業がどのような位置付けにあるかを可視化しています。リスクスコアによる定量評価と評点による定性評価の2軸で企業のリスクを浮き彫りにし、高度な与信管理を実現します。新規取引を行うので、入念にリスク管理を行いたい簡易企業情報だけではわからない項目を調査したいプロの調査員による独自の視点から企業を評価してほしい与信変動があった企業の最新のリスク状況を知りたいこのような方はぜひTSR REPORTをご活用ください!※TSR REPORTコピーをご利用の場合、調査日が2016年6月1日以降のものが本様式 での提供となります

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 3

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です