TSR REPORT
2/48

NEW!新しくなったTSR REPORTの7つの特長リスクスコア(倒産確率)より精緻な与信管理を実現2評点は調査日時点の指標ですが、リスクスコアは日次で算出しており、調査が行われていない期間や、調査日以前のリスクスコアの推移を知ることは、企業を総合的に評価する上で役立ちます。お客さまの声※TSR REPORTに掲載する最新のリスクスコアは調査日より1日前のものとなります。最大7世代の評点「評点」とは、TSRが独自に対象企業を「経営者能力」「成長性」「安定性」「公開性・総合世評」の4つの視点で評価、その総合点を5つのランク(「警戒不要」「無難」「多少注意」「一応警戒」「警戒」)で位置づけたものです。与信管理を行う上で最も重要な企業の総合評価指標の「評点」を最大7世代掲載します。企業の成長・衰退を視覚的に把握でき、直近のデータだけで与信判断が難しい場合、過去の評点を参考にした意思決定ができます。評点の推移を可視化1マトリクス表示による与信管理の強化3評点とリスクスコアのポジションTSR REPORTでは、評点を縦軸、リスクスコアを横軸としたマトリクスの中で、調査対象企業がどのような位置付けにあるのかを可視化しています。評点による定性評価とリスクスコアによる定量評価の2軸で企業のリスクを浮き彫りにし、高度な与信管理を実現します。同じ評点でも、上昇傾向にあるのか下降傾向にあるのか、過去と現在の評点を比較することは非常に重要です。ネガティブ情報の多い企業は頻繁に調査される傾向にあるため、短期間に何回も評点が見直されている企業は要チェックです。お客さまの声「企業が向こう12ヵ月以内に倒産する可能性」を統計的手法に基づいて算出した指標、「リスクスコア(倒産確率)」を最大7世代掲載します。リスクスコアは、過去の倒産事例の分析に基づき、企業の存続に影響を与える様々な要素を踏まえて日次で自動的に算出されるため、TSRの調査員が付与する評点とは異なる軸で企業を評価することができます。

元のページ  ../index.html#2

このブックを見る