ホーム > メールマガジン > 読めばわかる与信限度額 part3 ~与信限度額の算出・基礎編~

読めばわかる与信限度額 part3 ~与信限度額の算出・基礎編~

公開日付:2014.8.1


与信限度額の算出方法は、数多くの種類が存在します。

また、業種や事業規模によって与信限度額の算出方法は異なります。

絶対的な方法は存在しないため、各企業にとって最も適切な与信限度額の

算出・運用方法の確立が、与信管理担当者には求められています。


今回は、「読めばわかる与信限度額」シリーズの3回目として、

簡単な与信限度額の算出方法の一例をご紹介いたします。

自社の与信限度額を設定するための参考にしてください。


(※以下、審査対象の取引先をA社とします)


・売掛債権割当法

 A社の与信限度額=自社の売掛債権合計×A社への販売比率


・自己資本の1割法

 A社の与信限度額=A社の自己資本合計×10%


・5年間粗利法

 A社の与信限度額=A社との取引商品の粗利益率×A社への年間販売額×5


・流動比率法

 A社の与信限度額=(A社の流動比率÷業界平均流動比率)×A社の流動負債


・担保余力限度法

 A社の与信限度額=A社の所有資産の担保価値-担保債権合計


・標準企業比較法

 A社の与信限度額=標準企業の限度額×A社の信用度による掛け率

  (※例えば "良い"=150% "普通"=100% "悪い"=50% などで掛け率を設定。)


取引先の財務状態が不明であるが、資産担保状況は判明している場合などは

「担保余力限度法」を活用し、与信限度額を算出することができます。

このように、複数の切り口による与信限度額の算出方法を知ることで、慎重なリスク管理が

可能になるだけでなく、与信管理上必要な情報が不足している場合にも

対応することができます。


この他にも、各種財務比率や、信用調査会社の付与した評点を活用した

与信限度の算出方法など、様々な手法が存在します。

同業他社が、自社と同じような企業規模や財務体質である場合は、同業他社が

A社に対しどのような与信限度額を設定し、取引を行っているかも

非常に参考になります。


TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

TSRの会社案内
TSRの会社案内
東京商工リサーチ(TSR)の会社情報をお伝えいたします!

ページの先頭へ