ホーム > 初めての方へ TSR活用ガイド > 知ってて得するリスクマネジメントの基本 > 用語辞典 > 破産管財人

知ってて得するリスクマネジメントの基本用語辞典

破産管財人

破産手続において破産財団(破産者が破産手続開始決定時に有している財産のこと)に属する財産の管理及び処分をする権利を有する者。破産手続の開始決定と同時に、裁判所によって選任される。

破産管財人の特徴

基本的な範囲内の案件であれば、破産管財人は一人のみの選任となるが、大規模な破産案件においては複数の破産管財人が選任されることもあり、必要があるときは、裁判所の許可を得た上で、破産管財人代理を選任することができるのが特徴である。

TSRの視点

通常において破産管財人には弁護士が就任することになるが、弁護士法で弁護士法人が認められたことを受け、法人も破産管財人となることができることとなった。いずれの場合においても破産管財人が就任することについては登記事項となっており確認することなどが重要となる。

このページを見ている人はこんなページも見ています

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
tsr-van2(インターネット企業情報サービス)

国内企業の詳しいレポートをワンストップでお届けいたします。
TSR REPORT(国内企業情報レポート)

海外企業の詳しいレポートをワンストップでお届けいたします。
D&Bレポート(海外企業調査レポート)

倒産情報や債権者リストなど経営判断に欠かせない情報誌です。
TSR情報誌(倒産情報誌)

マーケティング・顧客管理などでお客さまの条件に合わせた企業を抽出できます。
Data Approach(企業情報データファイル)

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

ページの先頭へ