ホーム > 初めての方へ TSR活用ガイド > 調査取材ご協力について

調査取材ご協力について

企業信用調査に対するご協力について
~株式会社東京商工リサーチ(TSR)では企業信用調査の取材のお願いをしております~

株式会社東京商工リサーチ(TSR)は民間の企業信用調査会社です。
全国の各企業様には、弊社のお客さまより企業信用調査のご依頼を受けた際、また、弊社企業情報のデータベースをご利用いただいているお客さまが、的確なお取引判断をしていただくため、定期的に企業信用調査の取材を行なっております。そのため弊社スタッフが、直接御社に取材のお願いをさせていただいております。その際によく寄せられます質問や疑問をまとめさせていただきました。
特に初めて調査取材を受けられる方は、このページをご覧いただけますと幸いです。

質問:東京商工リサーチから企業信用調査の取材対応の協力要請がありました。
そもそも”企業信用調査”って何ですか?
回答:

企業信用調査は<新規取引>を行う際や、取引を続けている際に生じる<取引信用枠の増減>、<継続取引の可否判断>など、お取引先の経営状況(業績や財務状況など)を把握し、どの程度の取引を進めるかの判断資料収集として行なう調査のことです。弊社ではこれを自社の経営力に見合った取引を行い、互いにより良い取引関係を作るためのプロセスの一つと考えております。

質問:企業信用調査はどういった形式で行われ、どれくらい時間がかかるものなのでしょうか?
回答:

調査対象となった企業の方に特段のご要望がない場合、直接会社事務所に訪問させていただき、ご担当者様から調査事項に基づくヒアリングや、資料の開示等をお願いいたします。また、取材でご公開いただいた内容に関し、後刻裏付け取材を行います。直接ご訪問が難しい場合などは書面での取材等も可能ですが、詳細につきましては最寄の弊社支店のスタッフにお問い合わせください。
調査取材にいただくお時間はおおよそ1時間程となります。

質問:企業信用調査で行う質問はどういった内容でしょうか?事前に準備することはありますか?
回答:

調査で行う質問は大きく分けて3つとなります。1つ目は、会社の基礎事項となります(所在地、設立と沿革、事業内容、従業員数など労務状況、株主様など)、2つ目は取引先に関する事項(仕入先、販売先、取引形態、取引銀行状況など)、3つ目は既往業績・今後の展開、資金繰りに関する事項(売上、利益、借入金推移など)となります。それら伺ったことを最終的にTSR REPORT(報告書)としてまとめます。

質問事項のご参考として「TSR REPORT」のサンプルをご覧ください

この他、必要に応じて、調査担当者よりご質問させていただきます。
ご面談の場合、特段ご準備いただくことはございません。当日のご面談を円滑に進めさせていただくために計算書類や財産目録などご準備いただけますと大変助かります。

質問:企業信用調査の質問項目には全て回答しないといけないでしょうか?また取材を受けるのに費用はかかりますか?
回答:

ご協力いただける範囲でお願いしています。ご回答をいただけない取材事項につきましては、調査スタッフにご相談いただければと思います。
また御社に発生する費用は一切ございません。

質問:企業信用調査に応じて得なことはありますか?他の企業は取材に協力しているのですか?
回答:

企業信用調査は一般的にデータの開示をいただき、その内容を側面データで確認しながら進めるという手法を採っております。仮に取材にご協力いただけなかった場合、弊社の信用調査報告書(TSR REPORT)や企業情報データベースの情報量は少なくなります。これは調査をご依頼頂いた企業の判断材料が少なくなる事となります。取材協力は全ての企業より頂いている訳では無いのですが、現状はこの考え方に基づき徐々にご協力頂く企業が増えていると感じております。
信用取引の可否判断に影響が出ないよう、可能な範囲で公開していただけることをお願い申し上げます。

質問:調査依頼を出した企業はどこでしょうか?
回答:

第三者の調査機関としての立場上、取材の統一性を維持担保するため、取材にご協力いただく企業様には大変恐縮でございますが、依頼先をお伝えすることは一切ございません。弊社の業務システム上におきましても、直接調査を行う調査担当者にはわからないシステムになっておりますのでご了承下さい。

質問:取材しているのは本当に東京商工リサーチの社員なのですか?
回答:

弊社とは全く関係ない会社や人物が、東京商工リサーチの名を語って御社にアプローチをかけるケースもあろうかと思います。少しでも疑問に思うことがありましたら、弊社の最寄り事業所に遠慮なくご連絡いただきご確認下さい。迅速にご対応いたします。

弊社事業所一覧(最寄りの事業所)

また、業者の中には弊社の社名に似せた商号を利用し調査と偽って訪問し、会員契約などの要求を行うこともあるようです。弊社では御社が必要な際に応じてのご対応のみとなります。
なお、弊社の正式商号は「株式会社東京商工リサーチ」です。

質問:企業信用調査訪問時の弊社営業行為について
回答:

調査終了後、調査担当者より取材時に伺った経営課題に対し、それらを解決するためのソリューションのご提案をさせていただく場合がございます。もし取引先の状況や与信管理・営業マーケティング等で課題をお持ちの場合は、調査担当者へ遠慮なくご相談ください。但し、弊社では営業活動を前提とした信用調査や企業評価・評点を絡めた営業活動は致しておりません。万一、不審な事があれば最寄りの弊社事業所までご一報下さい。

TSRの提供するソリューション・サービス一覧

質問:企業信用調査の更新取材について
回答:

弊社では、現在145万社を超える企業情報データベースを提供しております。常に最新の情報をご提供し、お取引を円滑に進めていただけますよう、定期的にご訪問や企業情報調査票による取材を行っております。疑問に思われた場合は弊社の最寄り事業にご連絡いただきますようお願いいたします。

「企業情報調査票」記入のお願い

質問:東京商工リサーチは本当に信用できる会社なのか
回答:

弊社は明治25年創業以来、120年余にわたり日本国内の企業情報を取扱って参りました。商取引の基本は信頼できる相手先との関係構築です。東京商工リサーチは企業データの普及を通じて国内商取引の円滑な運営に貢献しております。

質問:東京商工リサーチに頼めば他の会社の調査ができるのか。
回答:

一般的な企業信用調査でしたら、受付しております。

質問:東京商工リサーチでは個人調査は行っているのか。
回答:

調査目的として、事業を行っている個人企業の信用調査はお受けしておりますが、就職、結婚、その他プライバシーに拘わる個人調査のご依頼はお受けしておりません。

このページを見ている人はこんなページも見ています

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
tsr-van2(インターネット企業情報サービス)

国内企業の詳しいレポートをワンストップでお届けいたします。
TSR REPORT(国内企業情報レポート)

海外企業の詳しいレポートをワンストップでお届けいたします。
D&Bレポート(海外企業情報レポート)

倒産情報や債権者リストなど経営判断に欠かせない情報誌です。
TSR情報誌(倒産情報誌)

マーケティング・顧客管理などでお客さまの条件に合わせた企業を抽出できます。
Data Approach(企業情報データファイル)

TSRの会社案内
TSRの会社案内
東京商工リサーチ(TSR)の会社情報をお伝えいたします!

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 新コンテンツ「TSR情報Web」の倒産情報配信サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

調査取材ご協力について

ページの先頭へ