ホーム > 会社案内 > 採用情報 > 調査の仕事がよくわかる

採用情報調査の仕事がよくわかる

調査業務について、なんとなく想像できましたでしょうか。
続いては、調査業務を担っている調査員についての仕事内容やデータ、インタビューを掲載します。

調査員の一日~調査員の1日に密着~

8:30 出勤 出社してくる人や、ちょっと早めに出て行く人、課長にレポートの内容の相談をしている人…
だんだんと活気が出てくる時間です。
10:00 取材先へ 初めてお邪魔する企業…
どんな方が対応してくださるのか、どんな雰囲気なのか…緊張の一瞬。
11:00 取材終了 じっくりお話が聞けて充実したレポートが書けそう。
気さくな社長さんで良かった!
11:30 帰社 出かけていた間にお客さまからかかってきた電話やメールを確認。
少し早めの昼食を食べ終わったら、午後の準備です。
13:30 営業 午後は商品のお問い合わせをいただいた企業様にご挨拶を兼ねて商品紹介へ。
データベース商品の条件を色々とヒアリング。
15:00 帰社 お電話をいただいていたお客さまに折り返しのご連絡。
取材のお願いをするアポイントの電話もどんどんかけねば。
16:00 今日お邪魔した企業の報告書を作成。
メモやいただいた資料を見ながら、レポートを書いていきます。
18:30 退社 レポートを提出してほっと一息。お腹もすいたし、先輩誘って飲みに行こうっと。おつかれさまでした!

調査員の仕事は調査だけではありません。
日々の調査取材で構築した情報は様々な形に加工されています。
この加工された情報をお客さまのニーズに合わせてご提案し提供することも調査員の重要な仕事です。
これをさして、TSRでは「調査・営業は車の両輪」と称しています。

調査業務はアポイントの取得にはじまり、取材、調査レポートの作成までを1人で担います。
しかし、営業業務に関しては課長や部長、先輩社員など経験豊富な周囲の助けを借りることが多々あります。
調査員は調査業務が仕事の主体ではありますが、年次・キャリアに従って、営業業務でも実績を作っていくことが求められます。

ページの先頭へ

現役調査員へのインタビュー~東京支社Kさん(女性)~

東京支社・Kさん(女性・2006年入社)

入社から現在までの経歴を教えてください。

2006年に新卒で入社し、今現在まで調査員業務を行っています。生粋の調査員です。
就職活動では、マーケティングや調査を手掛ける会社を見ていました。
何かを判断する際に、知って損することはないし、知らないことにさえも気付いてないことがたくさんある、と思っていたのでよりたくさんのことを知ることができる会社、ということを軸にしていました。

仕事内容とスケジュールについて教えてください。

8時頃には取材の済んでいる企業のレポートを作成して、そのまま提出まで済ませます。
レポートの提出が一段落した9時半頃から10時までは、取材のアポイントの電話をかける時間に充てていますね。
その後、大抵は11時に1社目の調査先に訪問しています。13時半に2社目に訪問。繁忙期には15時頃に3件目のアポイントを取って訪問することもあります。

16時半頃に帰社したら、翌日以降のアポイント取得の電話をかけます。17時以降は、取材先の担当者様につながらないことが多いので、あまり電話を掛けることはありません。17時から19時頃までレポートを作成したり、翌日の準備をしたりして、19時半頃に退社することが多いでしょうか。

時にはフレックス制度を利用して、13時頃に業務を切り上げることもあります。

では、Kさんの考える調査の醍醐味って何でしょうか?

「ゴールがないところ」。調査件数もレポートのクオリティもですね。
お客さまにとってより分かりやすい、その会社を詳しく想像できるようなレポートを書くことに関しては、「これが正解」というものがありません。
知識に関しても、毎日知らないことに遭遇するので、日々知識の蓄積を求められることはこの仕事の苦労でもあり、醍醐味でもあると思います。
また、1ヶ月という決められた期間の中で、どれくらい仕事ができるか、というのも醍醐味だと感じています。
常に自分との戦いですし、去年の自分を越えることが成長だと捉えています。

そんなストイックなKさんですが、失敗談があれば教えてください。

入社3,4年目の頃だったかな…、部長に同行してもらって、ある会社に営業に行ったのですが、その会社があるはずの場所が更地になっていた時は青ざめました。

確認すると、その会社は移転していたんです。調査で何度もお邪魔していて、よく知っている会社でしたし、アポイントの際に電話番号も変わっていなかったので住所まで確認しなかったんです。

改めて、何事も事前の確認が重要で、思い込みは禁物だと痛感しました(笑)

続きまして、調査員として仕事をするうえで、必要なモノは何でしょう?

調査員は個々で動くので、自己管理が出来る人でないと難しいと思います。
時間管理を中心として、自分に厳しくできることでしょうか。
次にコミュニケーション能力。取材でお会いする方は、最初は皆さん大抵身構えていたり、緊張されています。
その時に、相手の方のタイプや雰囲気を読み取って、話しやすい空気を作れるか。
例えば、堅い雰囲気の方にラフに話しかけてもいい印象は持っていただけないですし、反対にラフな話し方をする方に丁寧で堅い話し方をしても、やっぱり取材は上手くいきません。
「おっと、うっかり話しすぎちゃったな」と相手に思わせるぐらいになれるといいですね。
あとは、探究心。知らないことを知ろうとする姿勢がないと、調査員は務まらないと思います。

では、女性調査員として仕事をしているうえで、良かったこと・困ったことがあれば教えてください。

あまり、「女性だから」と意識する場面がないんです。なので、強いて言えば…ということになりますが、良かったことは、(相手にもよりますが)話しやすい空気を作りやすいかな?ということですね。
また、女性の調査員はまだまだ珍しい存在なので、調査先の方に覚えていただきやすいということもあります。
反対に困ったことですが、世間一般のイメージとして女性はすぐに仕事を辞めてしまうんじゃないかと思われているようで、3,4年目ぐらいでようやく、調査先の方も「この子は辞めないな」と分かって下さるようになって、信頼関係が築けてきたかなと。 今は入社8年目ですが、そういったイメージを持たれていたことを、最近になってお客さまや調査先の方から聞くようになりました。

では、最後に入社希望の方に一言お願いします。

TSRには活躍しようと思えば、活躍できる場があります。
全てはあなたの気持ち次第です。
一緒にステップアップできる仲間となってくれる方をお待ちしています。


エントリーはこちら


ページの先頭へ

現役調査員へのインタビュー~東京支社Iさん(男性)~

東京支社・Iさん(男性・2007年入社)

入社から現在までの経歴を教えてください。

2007年入社で、調査員として7年目を迎えました。
就職活動時には、コンサルティング業や総研系の企業を見ていたのですが、TSRの会社説明会を聞いて、なんとなく面白そうだと感じたのが志望の元々のきっかけです。

では、1日のスケジュールや業務の流れを教えていただけますか。

出社は8時半から9時の間です。出社後はまず、アポイントの電話や社内外から入っているメールの確認、取材の準備など雑務の処理をしています。
10時台に1社、アポイントを入れて取材に向かいます。お昼は会社に戻ってくることもあれば、外出したままのこともあります。
午後は13時、15時ぐらいにアポイントを入れることが多いです。どちらかが営業のアポイントだったりしますね。
16時頃に会社に戻ってきて、レポートを書いたり、翌日の準備をしたり、営業資料を作成しています。
急な問い合わせ等があった際には、20時前まで社内にいることもありますが、大抵は18時台に退社しています。

仕事が早いIさんですが、調査員の仕事の楽しい点、苦労する点って何でしょうか?

醍醐味としては、まず「色々な人に会えること」です。
色々な会社に訪問することができて、話を聞くことができるというのは楽しみな部分だと思います。
また、何も分からない会社の実態が分かる、というのも楽しい瞬間だと思います。
反対に苦労する面は、どれだけ調べてもコレという情報の出てこない企業を調査することですね。
情報がない場合も苦労しますが、社会的に注目度の高い企業のレポートを作成する場合は、大量の情報を精査する作業に苦労しています。

では、これまでの失敗談などありましたら教えてください。

あまり大きな失敗というのは無いのですが、新人の頃は調査の際に聞かなければいけないことを聞き忘れて、何度も確認をさせていただいて、調査先の方にご迷惑をおかけしてしまったことがあります。
入社2年目頃には、大島に調査に行ったのですが、調査対象の会社がなかなか見つからなかったこともありました。
夏だったのですが、島に移動するフェリーの中で観光客ばかりの中で、自分だけがスーツだったので、不審な目で見られていたかもしれません(苦笑)
営業でも、3,4年目の頃は、時間をかけて提案書を作って、お客さまのところに持っていったら、提案書を見せて3分で却下されてしまった、なんてこともありました(苦笑)

苦労も多い調査員ですが、調査員として仕事するうえで必要なモノってありますか?

人と会って話をするのが苦にならない人の方がいいかもしれません。
調査に関するスキルは入社してから身につけられるので、前向きであれば大丈夫だと思います。
明るくて、好奇心の強い人…、調査員の仕事を考えると、目標や計画を自分で考え、決めて、動けることが大事ですね。

最後に、入社希望の方へひとことお願いします。

ここでしかできない仕事・経験なので、勿論嫌なこともありますが、それ以上の楽しさがあります。
また、「人の良いヒト」が多いので、働きやすい環境だと思います。

エントリーはこちら


このページを見ている人はこんなページも見ています

地域の優良企業・採用実施企業が発見できる雑誌
地域の優良企業紹介誌

TSRの会社案内
TSRの会社案内
東京商工リサーチ(TSR)の会社情報をお伝えいたします!

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

ページの先頭へ